朝ドラ「わろてんか」第144回あらすじと視聴率20.3%!てんと隼也は同じ道をたどったわろてんか?

f:id:dreams3359:20180326142811p:plain

てんは、初めて会う孫に緊張していた。つばきは、6歳になる藤一郎の手を握っていた。

第144回、てんは京都の家を勘当されていた。借金をするために儀兵衛に会うと❝てん、わろてんか?❞そう言われた。てんは同じことを隼也にも聞く。

ドラマ「わろてんか」第144視聴率

  第25週「さらば北村笑店」第144回が3月23日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.3%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第144回 あらすじ(3/23放送)

てんが藤一郎に初めて会う

 つばきと隼也は、駆け落ち同然で家を飛び出していた。藤一郎が生まれても、てんのところに来ることは許されていなかった。

 

ご無沙汰しております。

 

てんは、藤一郎に初めて会った。

 

北村藤一郎です、お祖母ちゃん。

 

隼也と藤一郎、つばきは藤吉の仏壇に手を合わせた。

 

あの私もてったわせて下さい。

 

つばきは、食事の支度を手伝いたいと申し出た。てんは嫁と姑として初めて台所に並んだ。

 

よかったな入隊前に家族3人、てんに会えて。後はお前がちゃんとてんと向き合おうて、思うたことを話すだけや。

 

運がつく❝ん❞言葉ごっこ

 つばきは、てんと隼也の仲をさいたことを謝った。

 

あのホンマに申し訳ありませんでした。この家の敷居またげるような身やないのは、よう分かってます。

 

おトキが砂糖を分けてもらってきた。藤一郎のために甘いお菓子を作ろうと言う。

藤一郎は、絵を描いた。そこには3人の絵が描かれていた。

 

お祖母ちゃん。

 

てんは、藤一郎の絵を見る。通天閣の上にのっている絵だった。

 

お父ちゃんがな、お祖母ちゃんは通天閣を買うた日本一のお祖母ちゃんやって。

 

てんは、藤一郎に❝ん❞がつく言葉ごっこをしようと言い出す。

 

お父ちゃんが元気に戻ってきますように、運がつきますようにって。

 

通天閣・お母ちゃん・お父ちゃん・ごはんと順番に言うと。

 

うんこ。

 

つばきは、てんに謝る。でも、てんは笑った。

 

ええんや、それこそ運がつくわ。

 

てんと隼也は同じ道をたどった

 てんと隼也は、ふたりで夜空を見ていた。隼也は、「北村笑店」を心配していた。

 

今までと何も変わりまへん。残った寄席と慰問団で、お客さんに笑い届けるだけや。

 

隼也は、母親の強さを思い知った。でも、てんは周りの人間があって強くなったと言う。

 

みなさんに助けてもろうて、何とか立っていられるんや。

 

つばきがお茶を持ってくる。藤一郎は眠ってしまった。

 

お父ちゃんの跡つぐ言うてたのに家出てってしもうて、ホンマにすいませんでした。

 

隼也は、つばきと一緒に頭を下げた。てんには、強く言えない過去があった。

 

ウチも駆け落ちしたさかいな。よう叱れへんわ。

 

隼也は、困ったからと言って勘当された身で戻ってきてしまった。妻子の面倒を見て欲しいと言っている自分が情けなかった。

 

ウチも勘当された身で、里に借金頼みにいったな。偉そうなこと言えまへん。

 

戦地に向かう隼也の武運を祈る

 てんは、隼也の目を真っ直ぐに見て聞いた。

 

隼也、わろてるか?家族3人わろうて暮らしてますか?

 

隼也は、つばきと藤一郎と3人で笑って暮らしていた。

 

つばきさん、大変なこと仰山あったやろ?ようきばったな。

 

てんは、隼也が家族をしっかり養っている。その姿が嬉しかった。

 

戦地では辛いこともあるかも知れへん。それでも、笑ろうて生きるんや。生きて必ず無事に生きておくれやす。

 

隼也は、必ず戻ってくると約束した。次の日、家族写真を撮ることになった。

 

家族写真です。つばきさんも藤一郎も早よ入りなさい。

 

てんにとっての家族4人の写真を撮った。隼也は、家族に見守られて幸せだった。

 

ご武運をお祈りいたします。

 

つばきの目には涙が光った。みんなに見守られて、隼也は戦地に向かう。

朝ドラ「わろてんか」第144回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です