朝ドラ「わろてんか」第150回あらすじと視聴率!大阪を元気にしたい青空寄席に叶える想いとは

f:id:dreams3359:20180331205048p:plain

てんは、「北村笑店」を再建することを決めた。その物資は伊能商会から援助してもらうことになった。

第150回、北村の家族たちが揃ってきた。てんと風太は青空寄席はじめることにする。藤吉役は誰がやる?点にしか見えない藤吉が登場してしまうのか?

ドラマ「わろてんか」第150視聴率

  最終週「みんなでわろてんか」第150回が3月30日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、放送され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第150回 あらすじ(3/30放送)

風太が待ち続けた芸人たち

てんと風太は、「風鳥亭」を作ることにした。伊能の力もあって物資が集まってきていた。

 

リリコさんも四郎さんも、おおきにな。

 

警察に追われている男二人組がやってきた。

 

このご時世にカナダから輸入なんてできるわけないやろ。

 

広い太平洋からみたら、どっちかというとカナダよりからという意味だった。

 

お前、お父ちゃんによう似てるわ。

 

輸入とみせかけてサバを売りさばいていたのは、キースとアサリだった。

 

キースさん、アサリさん。

 

「北村笑店」の家族たちが揃った

 

キースとアサリは、アサリの実家に身を寄せていた。居心地がよく長居してしまった。

 

そしたら「風鳥亭」再開するさかい、芸人探してるって風の便りに聞いてな。

 

キースとアサリがいなければ始まらない。そこへ亀井がやってくる。

 

万丈目はん、歌子はん。いち、お楽。

 

「北村笑店」の家族たちが少しずつ帰って来た。

 

夢やないやろな。

 

てんの夢は叶う、隼也が戻って来た

 

隼也が戦争から戻って来た。

 

舞台や、舞台やで。お母ちゃん。ただいま。

 

てんは、隼也にやっと会えた。

 

おかえり、よう戻って来た。

隼也は、寄席を手伝いたいと言い出す。

 

僕、戦場で笑いがどんだけ大事かよう分かった。やっぱり僕、笑いが好きや。お願いします。

 

てんと風太は、「北村笑店」の一員と認めた。

 

おおきにありがとうございます。

 

つばきと藤一郎がやってくる。家族が3人そろった。

恋ではない、てんと伊能の出会い

 

 

伊能さんにはご心配かけましたけど、これで何とかやれそうです。

 

てんは、伊能には自分の好きな事を続けて欲しかった。

 

北村に気兼ねのう、ご自分のやりたいことやって欲しいんです。

 

「伊能商会」を立て直したら、伊能にはやりたいことが山ほどあった。

 

新しい映画、新しい劇場。それだけじゃない、この焼け跡になってしまった大阪や東京に大人も子供もワクワクするような街を再建したい。

 

伊能は、本当のエンターテイメントを広げたいと思っていた。

 

君と君たちと一緒にね。君とならきっとそんなパートナーになれる。これからも一緒にやっていってくれないか?僕らのゴールは、まだまだ先だろ。

 

 

競争なら負けまへん。

 

ふたりは握手を交わした。その二人の出会いは、決して恋ではなかった。ライバルとして見てきたからこそ、今があった。

とにかく面白い「北村笑店物語」

 

小さな青空寄席の舞台を作った。「風鳥亭」の看板をかかげた細やかなスタートだった。小さな小屋の前には「北村笑店」の看板もかけた。

 

ほなみなさん、よろしゅうお願いします。

 

てんは、新しい笑いに挑戦すると言う。漫才のように誰もが笑うものと落語のような人情話。

 

この焼け野原で沈んでいる人らに、あー面白かった。人生山あり谷ありやけど捨てたもんやないなって、そう思うて欲しいんです。

 

隼也は、芸人みんなが出てショーのようにしたらどうかと話す。台本は、万丈目が書いたものがあった。

 

「北村笑店物語」ですわ。

 

万丈目は、社史を作っているときに感じていた。

 

何や面白いなーって。

 

ウチも出る、せやからあんたも出るんや

 

「北村笑店物語」は、演じる役者の数が足りなかった。

 

それやったら裏方みんなも総出でやったらええ。

 

お客さんにも芸人にも失礼な話かもしれない。でも、てんは一刻も早く伝えたい。

 

この焼け野原に「北村笑店」がよみがえったこと、笑いの火がともったこと伝えたいんです。

 

北村の熱意を見てもらうための特別興行、風太はタダでお客さんを呼ぶことにする。

 

藤吉役は誰がやるんや。

 

亀井は、旅芸人の田口一郎を連れてくる。どことなく藤吉に似ている。

 

お前、先代社長の役やってみるか?

 

自分に自信がないところも藤吉に似ていた。

 

怖がってたらあきまへん。笑いが好きなんやろ、それやったら腹くくって堂々とやったらよろし。ほな、ウチも出ます。せやさかい、あんたも出るんや。

 

てんまでも登場する羽目になってしまった。さぁ、どんな青空寄席が出来るのか?楽しみです。

朝ドラ「わろてんか」第150回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です