ドラマ【アンナチュラル】第7話あらすじと視聴率9.3%!生き残ってしまった者の罪は許さるように生きることで消える

「遠隔死亡診断」は、厚労省が新しく始めようとしていた新しいシステム。そのガイドラインをUDIラボでも見ていた。

離島や過疎地など医師がいない場所で亡くなった遺体を看護師が映像をとって送る。それを医師がテレビ電話で死因を確定する。

第7話、「殺人遊戯~殺人犯がネットで生中継!? 囚われた人質を救え~」が放送された。友達同士に何があった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「アンナチュラル」第7話視聴率

金曜ドラマ「アンナチュラル」第7話の視聴率は、9.3%でした!脚本は野木亜紀子が書いている。「逃げるが恥だが役に立つ」などヒット作がある。

法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」は、毎週金曜日にTBSで放送されています。石原さとみが主演のドラマは、豪華キャストも気になります。

ドラマ「アンナチュラル」第7話あらすじ

殺人者からの挑戦!

ミコトの義弟・明彦(小笠原海)は、「明陵ゼミナール 」で講師をしていた。法医学に興味を持った生徒・白井(望月歩)に会うためにミコト(石原さとみ)を呼び出す。

ごめん、せっかく来てくれたのに。

白井は来なかった。ミコトは連絡先を教えることにした。次の日、白井から連絡があった。それは殺人実況生中継だった。

僕を殺人者Sです。見て下さい僕が殺したクラスメイトのYです。

ミコトは、直接連絡してみる。

ここでM先生に問題です。Yくんの死因は何でしょう?

もしも死因を間違えたら、もう一人を殺すと言い出す。制限時間は、視聴者が10万人になるまで。

中堂は、通話を切るように言う。ガキの遊びだと相手にしない。

分かったSくん、あなたの勝負にのった。

学校で殺されたYくん

ミコトは、遺体の目を見せて欲しいとお願いする。遺体には、背中に刺し傷があった。その回りには血が大量に流れている。死後硬直も進んでいた。

瞳孔(どうこう)が開いてる、角膜が軽度に混濁(こんだく)、亡くなってる。本物のご遺体。

死後推定時刻は、昨日の夜8時から10時と見られる。

ヒントは全部で4つ。1,000人越えを記念して第一のヒント、Yくんを殺したのはココじゃない別の場所です。

Sと名乗ったのは、翠川高等学校 の白井一馬だった。Yくんは横山伸也。UDIラボのメンバーは、備品倉庫の中にあった血の付いたマットを発見した。

ネットのいたずらをいちいち本気にしてたら警察はパンクですよ。

備品倉庫のマットに2ℓ近い血痕が残されていた。それを聞いても警察は、あまり信じていない。

ヒントの時間です。M先生、背中を見せてあげる。

背中にあった死斑の意味するモノ

遺体には、皮下出血が3ヵ所あった。背中には、3ヵ所の刺し傷、致命傷は肝臓だった。

死因は失血死。徐々に体外に血液が流れて5分~10分は生きていたはず。凶器はサバイバルナイフのようなもの。SくんがYくんを刺殺した。

そんな簡単な話じゃないと思う。Sくんは私に何か言わせたいんだと思う。

ミコトは横山の体にあった死斑が気になった。

横山くんは、日常的に暴力を受けていた。

久部六郎は、ミコトが中堂をどう思っているのか気になっていた。

中堂さんは、彼女の死に罪悪感を感じている。あの人は犯人を見つ出して殺すつもり、私はそれを止めたい。

凶器はサバイバルナイフ

横山は、小池たちに日常的にいじめられていた。それは、備品倉庫の中で行われていた。小池は、サバイバルナイフを持ち歩いていた。

本当は、小池くんが横山くんを殺したんじゃないの?

視聴者が5万人を突破した。

3つ目のヒントの時間です。凶器はコレ。

入学したばかりの頃、白井は小池たちにいじられていた。今は収まっていたのは、横山の存在があったからだ。

中堂は、明邦大学病院[の坂本に会っていた。科学捜査用のライト(ASL)を借りに来ていた。

クソは訂正する。すまなかった。

ASLでは、白い粉のようなものが窓に向かって点在していた。

シャーロックホームズ「ソア橋事件」

白井は、ネット中継の中で小説を読んでいた。シャーロックホームズの「ソア橋事件」の中には、凶器を隠すトリックがあった。

万引き?

昨日の夜、小池たはコンビニで万引きをしていた。小池たちに横山は殺せない。

お待たせ、分かったよYくんの死因が何か。Yくんは、出血多量で亡くなった。凶器はSくんの手元にあるナイフ。

背中に刺したナイフが体を貫通する直前まで達したため、お腹に皮下出血が現れた。

ミコトは、3本のナイフの位置を検証した。あまりにも真っ直ぐに刺されているのが不自然だった。備品倉庫にあった白い粉は紙粘土。

おそらく紙粘土に同じ刃渡りのナイフを3本突き立てて乾燥させて固めたんじゃないかな。それでその上に背中から倒れ込めば、自分の背中を自分で刺すことが出来る。

「ソア橋事件」のトリックは、紙粘土に紐と重石をつけて窓の外に凶器を隠すことだった。Yくんは、復讐したい相手のナイフを使うことで犯人にしようとしていた。

死因は、刃物による自殺。

いじめという名の殺人

ここまでが法医学的見解。ここからは法医学者ではなく、私個人の見解として話をします。

これまで多くのご遺体を見てきた。ご老人から小さな子供まで、いつも思うなぜこの人は死ななければならなかったのか?

Yくんの背中には、たくさんの痣があった。日常的に暴力を受けていたあと、執拗に繰り返され治るよりも前に次の痣がつけられた。

そんな暴力が見過ごされた。追い詰められた彼は最悪の選択をしてしまった。

法医学的には自殺、でも私は殺されたんだと思う。法律では裁けない、いじめという名の殺人。あなたはそれを大勢の人に伝えたかった。

いじられキャラだった白井は、横山にかばってもらった。それから横山に対するいじめが始まった。白井は小池たちが怖くて教師には言えなかった。

生き残ってしまった罪

ある日、横山はシャーロックホームズの本も持ってくる。遊びだと言って紙粘土にハサミを突き立てた。

チャンスなんだ、あいつらに呼び出された。8時までに計画を実行すれば上手く行く。何が遊びか、もう分かんないよ。

白井は、横山を助けようと向かう途中で小池たちを見つけてしまう。それは、コンビニで捕まるところだった。

横山。

備品倉庫にいった時には、横山は死んでいた。

間に合わなかった。

視聴者が10万人になった。

もう一人殺さないと。

白井がもう一人と言ったのは、自分自身のことだった。

僕と横山はイジメられていました。同じクラスの小池と沢田と松本に。これは遺書です。これで終わり、僕は僕を殺す。

ミコトは、まだ終わっていないと話す。

あなたが死んで何になるの?あなたが命を差し出しても、あなたの痛みは決して彼らに届かない。それでも死ぬの?あなたの人生は、あなたのものだよ。

許されるように生きろ

UDIラボのメンバーは、白井の居場所を特定する。中堂は、窓ガラスを割って中に入る。

横山は死んだ。僕だけが生きてていいのかな?

死んだやつは答えてはくれない。この先も。許されるように生きろ。

中堂は、白井の持っていたナイフを取り上げる。悲しい出来事を忘れてはいけない。

次の日、中堂はミコトに8年前の写真を見せた。口の中には金魚のような模様があった。

糀谷夕希子の遺体の口の中だ。

4年後と半年前にも同じような遺体を見ていた。殺人の手口はバラバラで、共通しているのは口の中だけだった。

犯人はまだ、どこかで犯行を続けていると俺は考えている。

中堂は、ミコトの協力をしてきた。だから協力しろと言い出す。

さんざん協力させられた、少しは返せ。

ミコトは喜んで引き受けた。その頃、明邦大学病院に遺体が運ばれてきた。口の中には金魚の模様があった。

ドラマ「アンナチュラル」第7話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です