朝ドラ「わろてんか」第124回あらすじと視聴率19.9%!自分の夢よりも好きな人と一緒にいる時間を選ぶ

f:id:dreams3359:20180304091543p:plain

四郎(松尾諭)は、見知らぬ女性と会っていた。それをリリコ(広瀬アリス)が見てしまった。

第124回、リリコのために夢を諦めようとする四郎。その姿をリリコは何も言わずに見ていた。

ドラマ「わろてんか」第124回視聴率

  第22週「夢を継ぐ者」第124回が2月28日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.9%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第124回 あらすじ(2/28放送)

四郎に女の影

 てんは、楽屋でケンカしていたリリコと四郎を呼び出す。

 

女や。夕べ女と会ってたくせに、どの口が言っんねん。恋文読んでたやないか?

 

四郎は、昔の楽士仲間に会っていた。亀井は、引き抜きを助けているふりをして芸人を誘い込もうとする。

 

とんでもない、ワテらは北村に恩義があるさかい。

 

「北村笑店」の芸人たちは、亀井の話にはのらなかった。

「風鳥亭」で北村の歴史を語る

 加納つばきの結婚式の準備が勧められていた。どこか気持ちがない、つばきだった。

隼也は、25周年パーティーの場所を探していた。

 

もういっそのこと電車とか船の中でやろかな。

 

楓は、隼也の発想の豊かさが羨ましかった。

 

ウチは書くのが好きやさかい。短歌も漫才も面白いから書くんや。

 

漫才は、日常の小さな笑いのタネを見つけて大きく育てて見てもらう。それが面白くて続けている。

 

ホンマ何でもないとこに笑いのタネが転がってるもんな。

 

おトキは、子どもを育てているからよく分かっている。

 

人生は笑い、笑いは人生や。

 

隼也は、北村の25周年は「風鳥亭」でやることに決めた。

 

ここやったら北村の歴史を肌で感じることができる。

 

台本は楓が作ることになった。おトキは、ロビーで立食の準備をすることになる。

つばきへの想いと隼也のウソ

 隼也にお客さんが来た。

 

つばきお嬢様は、まだあなた様のことが忘れられへんのです。どうぞ、お嬢様のその想い断ち切ってもらえませんやろか?

 

その夜、隼也はつばき宛てに手紙を書くことにした。

 

これやったらパーティーで北村の後継ぎ、お披露目できそうや。きばってや。

 

てんは、25周年のパーティーで隼也を後継ぎとして発表するつもりだった。

つばきは、隼也からの手紙をもらった。急いで封を開ける。

「おめでとうございます。実は僕も結婚することになりました。つばきさん末長くお幸せに。」

それは、つばきが期待するモノではなかった。

夢を諦めようとする好きな人

 亀井は、四郎が一緒にいた女の話をする。

 

かまへん、そこにいて。ウチこいつと話すの嫌やさかい。

 

四郎は、女性と会っていた理由を話す。

 

僕に女なんているワケないやろ。上海の楽団に誘われてるんです。

 

上海でオーケストラ作ることが決まって、四郎は話を聞いていただけだった。リリコが浮気だと勘違いしたために話せなかった。

 

これからもミスリリコ&シローで高座に立たせてもらいます。

 

四郎は、自分の大切な楽譜を燃やした。

 

ええんです。これからずっとリリコと漫才続けて行くんやさかい、もういりません。

オーケストラで演奏するのが夢でした。でも今の僕には夢より大事なモノがあるんです。

 

四郎は、煙が目に染みると涙を流した。リリコは、その姿をそばで見ていた。

朝ドラ「わろてんか」第124回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です