【半分、青い】102回あらすじと視聴率!まだ会えない君へ大好きだよ

鈴愛は、出産するために岐阜に戻っていた。涼次も一緒について行くことになった。

第102回、涼次は家族が出来たことで悲しみが癒されていた。子どもが生まれる、そのことが涼次の未来を救えるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」102回視聴率

第17週「支えたい!」第102話が7月28日(土)に放送されました。気になる視聴率は、22.8%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」102回 あらすじ(7/28放送)

律の幸せを願う

晴は、鈴愛のお腹に糸電話をあてた。

赤ちゃん、ばあばですよ。今日の調子はどうですか?

鈴愛は、喫茶「ともしび」でブッチャーと菜生に会っていた。二人は付き合っている。律にも結婚して子どもが生まれていた。

彼も幸せであってくれと願うばかりだ。

律には、男の子が生まれていた。幼稚園を受験することに律は反対していた。

あんま上手くいってないらしいぞ。奥さん教育ママでお受験させるって聞かんらしい。

男は結婚すると奥さんの言いなりになってしまう。

仲良し夫婦になりたい

晴は、真っ白な産着を買っていた。赤ちゃんが退院するときに着るためだった。

買ってやりたかった、女の子やしな。

涼次は、鈴愛と子どものために監督になる夢を諦めた。もう未練はなかった。

ベビーベッドあったよ。

草太は、婚約者と一緒にベッドを持ってきた。

もうすぐ会えるね。まだ会ってないけど大好きだよ。

涼次は、糸電話で話をする。

鈴愛ちゃんのとこさ、ずーっとうーちゃん晴さんって呼び合ってるよね。いいね、僕らもそんな夫婦になりたい。

聖夜に生まれるステキ過ぎる

鈴愛が破水してしまった。病院に向かうことになった。

ウチも行く、病院行く。生まれた時みたいんや。感動の瞬間に立ち会いたいんや。

涼次は、3歳で両親を亡くしていた。育ての親でもある光江は、涼次が父親になる瞬間を見たかった。

よう頑張った。あの子がお父ちゃんになるんや、こうしてられん。

私も行こうかな、立ち会いたい。誕生の瞬間、鳥でさえ感動する。人間はもっとかも知れない。

麦もめありも一緒に向かうことになった。

まだ生みたくない。明日産む、ウチに帰る。この子は24日生まれにする。聖夜に生まれるステキ過ぎる。

12月23日、鈴愛はクリスマスイブに生みたかった。お腹の中に1日置くのは無理だった。

クリスマス・イブイブに生まれた女の子

「つくし食堂」は臨時休業にする。宇太郎と仙吉も病院に向かった。神棚に拝む。

痛っーい、痛ーい。

鈴愛が苦しんでいるとき、涼次は失神してしまう。産声が聞こえる。

生まれた、生まれた?

鈴愛は、女の子を抱きしめた。

カワイイ女の子やよ、おめでとう。

2002年12月23日、鈴愛は女の子を出産しました。

7月30日(月)からは、第18週「帰りたい!」がスタートします!涼次は夢を諦めたつもりだった。無理やり閉じ込めた夢は、カタカタと音をたてて開いてしまう。

朝ドラ「半分、青い」102回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です