【半分、青い】101回あらすじと視聴率!小さな女神は涼次を救えるのか

鈴愛(長野芽郁)は、妊娠していることが分かった。涼次(間宮祥太朗)は、監督デビューのチャンスを奪われたことで壊れてしまう。

第101回、涼次が監督になる夢は叶わなかった。鈴愛の小さな女神が涼次の心を癒してくれる。

朝ドラ「半分、青い」101回視聴率

第17週「支えたい!」第101話が7月27日(金)に放送されました。気になる視聴率は、20.8%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」101回 あらすじ(7/27放送)

壊れて涼次の心の行き場

涼次が脚色した「名前のない鳥」は、祥平が監督をすることになった。自分の書いた脚本なのに、もうどうすることも出来なかった。

おかえり、鈴愛ちゃんお金貸して?外で飲んでくる。

鈴愛は、財布に入っているお金を渡した。

働きなよ涼ちゃん、助監督の仕事あるでしょ。

監督になれない助監督なんて、やっても意味ないじゃん。

鈴愛は、家にお金を入れて欲しいとお願いする。涼次は、テーブルの上にお金を投げてしまう。

いらないよ、こんなはした金。

100円ショップ「大納言」で働く時給は800円だった。その4時間分を渡そうとした。

貧乏くさ。

鈴愛は、泣くことさえできない。お腹が痛くなってしまう。光江を呼ぶことにする。

涼ちゃん、私子どもができたの

涼次は、鈴愛に謝ろうとプレゼントを買ってきた。でも、鈴愛は病院にいっていた。

この子な、お腹痛いって倒れやしたんや。

涼次は、鈴愛に謝った。映画デビューが失敗したことで、家に引きこもってしまった。

離婚?もしかして離婚?切り出されるの俺、やだ。俺やだよ。

涼ちゃん、私子どもができたの。子どもが出来たんです。

涼次は、泣いて喜んだ。

すっげー嬉しい。子ども欲しかった。鈴愛ちゃんとの子ども、超うれしー。

鈴愛は、涼次が落ち込んでいるときに妊娠しているなんて言えなかった。

監督になりたいのに、子どもなんて。ジャマかなって。喜んでもらえないかもって。

涼次はパパになる、鈴愛はママになる。家族がいなかった涼次は、自分の家族が出来ることが嬉しかった。

ごめんね、ごめん。不安だったよね、辛い思いさせたね。ハッピーなことも言えないくらい負のオーラ撒き散らせてたんだね。

小さな女神が涼次を救う

涼次は、鈴愛と子どものために監督への道を諦める。

鈴愛ちゃんとお腹の子のために俺が働く。映画の世界から足を洗う。その子のことが一番大事だよ。

子どもの未来と鈴愛の今が何より大事だと思った。

あの喜び方は、やばい。この間あんなことがあって、今が辛いから。

麦は、何かから逃げるように気持ちを切り替えた。それは一時的なモノだと思った。鈴愛は気が付いていない。

4㎝かーちっちぇ。えーだってコレが動くの。今度、絶対一緒に検診。

涼次と鈴愛は、祥平のところに挨拶に行く。

これから、どうやって生きて行くの?

涼次は、100円ショップ「大納言」を手伝うことになった。祥平は祝福してくれた。

これ「名前のない鳥」の脚本料、これだけ。

祥平は、涼次が監督デビューできるように手を尽くしていた。でも、涼次は夢を諦める選択をする。

糸電話の約束

仙吉は、鈴愛の子どもの名前を考えていた。森山かえで、と名前を書いた。

鈴愛の子どもの名前つけるつもりか?

習字の練習とごまかした。

5ヵ月やもんな、そんなもんあったかな。

晴は、鈴愛を妊娠したとき糸電話を作っていた。宇太郎は、その糸電話を使って赤ちゃんと話した。

お父ちゃんやよー。

朝ドラ「半分、青い」101回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です