【半分、青い】103回あらすじと視聴率!裕子は仙台に向かう別れが近いと不安の声

2002年12月23日、鈴愛は女の子を出産した。涼次は感動して泣いてしまう。たくさんの笑顔に包まれた出産だった。

第103回、夢よりも家族との幸せを選んだ涼次。裕子は仙台に引っ越すことになってしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」103回視聴率

第18週「帰りたい!」第103話が7月30日(月)に放送されました。気になる視聴率は、20.3%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」103回 あらすじ(7/30放送)

マンガの世界で知り合った永遠の友だち

2003年12月23日、森山花野(カンちゃん)は1歳の誕生日を迎えていた。

カンちゃんの誕生日に抜け出して、君に会いにきたんだ。

ボクテは、大きなクマのぬいぐるみをプレゼントした。裕子の子どもは7歳になっていた。

人の子は早いよね、自分の子はいないけど。

裕子は、レダハーの子供服をプレゼントした。

東京の方は軌道に乗ったから、故郷の方にも支店を作ろうとして。

裕子は、ご主人の実家がある仙台に引っ越すことになっていた。鈴愛は淋しそうな顔をする。

おめでとう。カンちゃんの誕生日に僕たちの永遠の友情を誓う。

マンガの世界で知り合った3人は、永遠の友だち。抱きしめ合った。

人生の舵を切るタイミング

涼次は、カンちゃんの写真で年賀状を作っていた。田辺は、雑誌を見ている。

今年、活躍した10人か。あっ、元住吉監督だ。

祥平は、涼次の書いた脚本がきっかけで活躍していた。

でも、涼ちゃん良かったよ。人生には、舵を切る瞬間ってあるよね。

田辺は、ミュージシャンを目がしていた。社長令嬢との結婚の話もあったが、夢の方を選んだ。

婿に来てくれれば社長の座、用意するって言われてたんだけどね。あん時、人生の舵切りそこなったんだな。

今でも独身の田辺は、その決断を後悔していた。

涼ちゃん、いい時にいい具合に舵切ったよ。

涼次は、家庭を持つことの幸せを感じていた。

花野が40℃の熱

藤村家では、花野の誕生日会を開こうとしていた。

ちょっとミルク飲ませてきます。

鈴愛は、机の引き出しを見てしまう。そこには、涼次が書いた新作原稿があった。

熱い、どうした?

花野は、42℃の熱を出してしまう。病院に向かう。

点滴?こんな小さな子に?

鈴愛は、目まいを起こしてしまう。涼次は連絡しても繋がらない。

あの子大丈夫でしょうか?後遺症残ったり、死んじゃったりなんてことないですよね。

鈴愛は、初めてのことに不安になってしまう。

涼次の電話に女が出た

鈴愛は、晴に電話をする。

そこ病院か?ほうか、大丈夫や。カンちゃん大丈夫や、あんたも強かった。あんたは半々やった。

晴の家計は強い、だから大丈夫。そう言ってなだめる。その力強い言葉にほっとする。

あんたお母ちゃんやろ?カンちゃんのお母ちゃんはあんたしかおらん、しっかりしなさい。カンちゃんは大丈夫。

楡木家では、廉子にお願いをする。病院に向かった光江は、涼次に連絡をする。

はーい、もしもし。

涼次にかけた電話には女性が出た。

おんなが出た。

その声は、いったい誰なのか?涼次は何をしているのか?不安だけが残った。

朝ドラ「半分、青い」103回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です