【半分、青い】106回あらすじと視聴率!涼次の未来に家族の存在はなかった

涼次は、佐野弓子の小説「恋花火」のシナリオを書いていた。監督デビューをするために家族と別れようとしていた。

第106回、涼次は家族と映画を天秤にかけてしまう。選んだ道に家族の存在はなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」106回視聴率

第18週「帰りたい!」第106話が8月3日(金)に放送されました。気になる視聴率は、21.9%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」106回 あらすじ(8/3放送)

カンちゃん、どうしよう

「つくし食堂」は、草太の作る特製カツ丼が人気だった。2代目の店長になっていた。

あけましておめでとうございます。

和子がお店にやってくる。病院の帰りに寄っていた。晴は、喫茶「ともしび」に誘う。

カンちゃんどうしよう。パパ帰って来ない。

涼次は、家を出たまま帰って来なかった。花野は、明日か明後日には戻ると明るい。

しゃーない人肌ぬごうか、涼次を連れ戻したる。

涼次は、祥平の家にいた。絵コンテを作って祥平に見てもらう。インターフォンが鳴った。

家族と映画を天秤にかけた

光江と麦は、祥平の家を訪ねた。祥平は、涼次のチャンスを奪ったことを後悔していた。

僕はチャンスを返したいと思っていました。

祥平は、「名前のない鳥」の監督をして大ヒットしていた。お金をためて人脈も作った。

もう一度、涼次に映画監督の座を用意したいと思いました。

涼次は、映画監督になるために家族との幸せを手放そうとしていた。

家族よりも大切なものがあるんか?

鈴愛は、愛おしい。花野は可愛すぎる。普通の幸せの場所にいては、監督としては生きて行けない。

よほど力のある人なら、人生において両方持てるのだと思う。僕は無理だ。

家族と映画を天秤にかけて、家族を捨てる言うんか?ウチはあんたをそんな子に育てた覚えはない。

悲しみの深さが呼び起こした過去

涼次の心は、監督になるために家族を捨てる。もう決まっていた。

あげる、パパ帰ってきたらあげる。

鈴愛は、ひとりぼっちで泣いていた。涼次と一緒にいた時間、過ごした日々は部屋の中には溢れていた。

悲しい時、苦しい時いつも聞いていた声があった。鈴愛は、律の実家に電話をしてしまう。

朝ドラ「半分、青い」106回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です