【義母と娘のブルース】3話あらすじと視聴率!PTAと対決する綾瀬はるかの覚悟

岩木亜紀子は、バリバリのキャリアウーマンだった。ある日、ライバル会社の宮本良一にプロポーズされる。その結婚には理由があった。

第3話は、「夫が私に解雇通告!?これが私の生きる道…PTAを全面廃止へ」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「義母と娘のブルース」第3話視聴率

ドラマ「義母と娘のブルース」第3話が放送されました。気になる視聴率は、12.4%でした!

桜沢鈴によるマンガをドラマ化にしています。脚本家・森下佳子が描く世界観が楽しみな作品です。

「義母と娘のブルース」第3話ネタバレ

良一の手土産に込められた願い

岩本亜希子は、良一のひとり娘・みゆきを育てるために会社を辞めてしまう。亜希子の存在は、みゆきの学校でも噂になっていた。

ウチに遊びに来たいんだって、いい?

良一は、手土産を持って帰ってくる。

何か後ろめたいことでも?古参のクライアントに対する手土産は、ミスの発覚やお願いと相場が決まっております。

良一は、PTAの集まりに参加して欲しいと言い出す。

亜希子は、PTAの集まりに参加することになる。運動会の役員を決めるための話合いだった。

緑ヶ丘小学校は、公立の小学校。そもそも自転車や車を禁止してしまえば、この係はリストラできるのではないのでしょうか?

運動会の運営方法に気がかりなことが多かった。分からない事ばかりで質問するが受け入れてもらえない。

亜希子がPTAに殴り込み

みゆきの家にお友達が集まる日、急な用事で来れなくなってしまう。その理由は、亜希子にあった。

でも、まさか大の大人がそんな大人げないことするのでしょうか?

亜希子は、みゆきが何度も手直しした手紙を見てしまった。

怒ってなどおりません。私はただ、そのやからを戒めるスキームを考えているだけです。

PTAを叩き潰して、廃止に追い込む。敵に気付かれないように水面下で動き、一気に奇襲をかける。

先に親のケンカに子どもを巻き込んできたのは、向こうだと思います。

良一は、問題が大きくなるだけだと反対する。亜希子は、不当な扱いを受けても耐え忍ぶと教えるのか?二人の意見はぶつかった。

みゆきちゃんのことは大丈夫です。多少やりにくい期間はあると思いますが、勝てばいいんです。勝てば官軍ですから。

亜希子は、みゆきの思いばかりを考えていた。

大人が子どもに見せる背中

亜希子は、PTA廃止の嘆願書を作成する。サインをする人は多かった。

頂いたお名前は、171名になりました。この学校の保護者数の約3分の1になります。

PTA会長の矢野晴美は、1週間後の運動会の手伝いはしないと言い出す。

では、PTAは抜き。私ひとりで運動会は成立させます。

良一は、家族はダメだからといって異動もリストラもできないと思った。亜希子は、離婚や別居はそれに値すると言い出す。

じゃあ止めてもらいますよ、みゆきの母親。今日を持って亜希子さんは解雇です。そんなの嫌でしょう。

亜希子は、運動会の話をやっとすることが出来た。

お前のママ、さっき学校きてたぞ。

亜希子さん、こんなこと止めてよ。私のママなら、私が嫌われるようなこと止めてよ。

先生、子どもがこんな発想になってよいのでしょうか?

子どもは親が嫌われるようなことをしたら、自分も嫌われると思っている。親は子どもが嫌われることを恐れて言葉を飲み込む。

長いモノには巻かれればいい、強い奴には逆らうな。本当のことは影で言うのが正しいんだ。だって、大好きなお父さんとお母さんがそうやっていたんだから。

亜希子は、大事なひとり娘にそんな背中を見せたくないと言い放った。

元部長とPTA会長の最強タッグ

運動会当日、田口には警察官の制服を着てもらう。自転車の取り締まりをお願いする。手荷物検査は、機械を使った。

無事おわればいいけどね~、子どもたちのために。

3年生の徒競走が始まった。亜希子は、カメラを向けるがトラブル対応に追われる。

しばしお待ちくださいますか?

場内アナウンスは、早乙女奈央子が手伝ってくれた。他のお母さんたちも手伝ってくれるようになる。

ありがとうございます。

PTAの役員たちも手伝ってくれるようになってしまう。PTA会長の晴美だけが一人ぼっちだった。

ステキな運動会でした。よかったですね、PTAなんて必要ないってことが証明されて。

晴美は、部屋の掃除をしてくれた。亜希子は、証明されたのはPTAが必要だと言うこと。自分ひとりでは出来なかった。

私は何度も聞きました。去年はこんなじゃなかったのにと。

PTAの仕事は、押し付け合うものではない。業務のリスト化、スリム化はするべきだと言った。

そこまで言うなら、私に仕事のやり方教えて下さい。元部長。

晴美は、1枚の写真を亜希子に送った。それは、みゆきと良一の写真だった。来年はないかも知れない、亜希子は奇跡を感じていた。

ドラマ「義母と娘のブルース」3話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です