【半分、青い】110回あらすじと視聴率!鈴愛だけが知らないヒミツ律を支えたい

鈴愛が朝目覚めると、目の前に見知らぬ男がいた。ご飯を食べている男は、草太の弟子の健人だった。

第110回、律はなぜ岐阜にいるのか?鈴愛だけが、その理由を知らなかった。

朝ドラ「半分、青い」110回視聴率

第18週「泣きたい!」第110話が8月7日(火)に放送されました。気になる視聴率は、22.5%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」110回 あらすじ(8/7放送)

アメリカ生まれの草太の弟子

草太の弟子・健人は、アメリカ生まれのアメリカ育ちだった。

成田着いて、わー和食たべたい。梅干し食べたい、ぬか漬け食べたい。でもそこはガマン、お母さんの食べたい。

健人は、英語と日本語と関西弁がまじった言葉を話す。

また、えせ関西弁。

健人は、カツ丼を作るために修行に来ていた。

何でお母ちゃん標準語や、健人がイケメンやからか?

鈴愛の部屋は、健人が使っていた。

師匠、お休み頂きまして、ありがとうございますです。

和子の病気

律は、和子と与一に鈴愛のことを話した。

離婚?あらま。

鈴愛のウワサをしていると、空豆を持って遊びにくる。

おばちゃん元気そうや、何か体調があんまりよくないって聞いて。

和子の病気は、拡張型心筋症だった。心臓が大きくなってしまう病気、律はそのために帰ってきていた。

人と会っても自分の病気、忘れていたい。相手にも元気な和子さんて、思われていたほうが楽やっていっとった。

和子は、病気のことを晴にだけ話した。

病気の人は特別や、甘えてもいいんや。

鈴愛だけが知らないヒミツ

鈴愛は、喫茶「ともしび」でコーヒーを飲んでいた。そこへブッチャーが入って来る。

律は、いつも何も言わん。

ブッチャーは、和子の病気のことを知っていた。それは、律が名古屋支社にきたことが不自然だったからだ。

おかしいと思わんか?何で律が名古屋支社にくる?

律は、大阪のロボット研究チームのリーダーでもあった。その人事がおかしいとブッチャーは思っていた。

逆にどうしても名古屋にこなきゃあかんかったってことや。

和子の病気が治るものなら、見舞いにくるだけのはずだ。そこまでするのは、治らないと分かっているからだった。

触れるな、律の前で。あいつが言い出さん限り、触れるな。

卑怯やな、何てない顔して。高校生のままの顔して、あんな風にこの前はしゃいで。わたしだけ何にもしらなんだ。

鈴愛は、自分だけが取り残されていることが嫌だった。

律を支えたい!

喫茶「ともしび」に律がやって来る。

えっまじ?またケンカしてんの?そんで泣かしてんの?ばかじゃねお前、いくつだよ。

律は、鈴愛の顔を見つめて気がついてしまった。

和子さんとは、普通に接して欲しい。和子さんもそれを望んでいる。

律?律を支えたい。

鈴愛は、律の繊細さをよく分かっていた。その心を支えたいと思った。

朝ドラ「半分、青い」110回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です