【半分、青い】111回あらすじと視聴率!ただ飯を食らう娘に母親の鉄槌

「つくし食堂」は、草太の考えたカツ丼のお陰で儲かっていた。晴のにやけた顔が分かりやすかった。

第111回、甘ったれた鈴愛に晴の鉄槌がくだる。このままではいられない!

朝ドラ「半分、青い」111回視聴率

第19週「泣きたい!」第111話が8月8日(水)に放送されました。気になる視聴率は、24.5%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」111回 あらすじ(8/8放送)

ただ飯を食べる鈴愛

アメリカ帰りの健人は、日本語の使い方を間違える。鈴愛は、その言葉遣いにイラつく。

この度は、ご愁傷様です。離婚なさった。

鈴愛は、実家に帰ってから何もしていない。みんなが働いているのに、晴は見かねて注意する。

働かざる者、食うべからず。ウチの家訓。

鈴愛は、仕事を見つけようとする。でも、地元でできる仕事は少なかった。

涼次が作った映画「恋花火」が全国ロードショーが決まっていた。

涼ちゃんの映画、完成したんだよ。

鈴愛と花野を手放してまで夢を叶える道を歩いた。その成功を鈴愛に伝えることはなかった。

パパも花野も地球の上に住んでいる

菜生は、鈴愛の仕事を見つけるために律に連絡をした。

受付って、お嬢さんおいくつですか?

和子や弥一も心配してくれた。鈴愛は、農協のつてを使おうとした。お土産にカツ丼を持ってきた。

仙吉さんの頼みやで、あたってはみたけど。梟町で仕事はな。

喫茶「ともしび」のママにも聞いてみる。お客さんは誰もいない、ひとりで充分だった。

カンちゃん、パパに会いたないんか?

おーちゃん、お家はひとつです。

仙吉は花野のことが心配だった。パパも花野も、一つの地球の上に住んでいる。大きな家、だから寂しくない。

カンちゃんがパパって呼ぶと、必ずパパがなあにカンちゃんって思うって約束したもん。

マンガの世界で出会った仲間たち

「つくし食堂」の前には、ボクテがいた。

あのね、ビックリするよ。もうひとり来るよ。僕たち夜中に電話してて、急に思い立ったの。明日、鈴愛ちゃんに会いに行こうって。

大人になると忙しくて会いたい人に会えなくなる。

明日、「つくし食堂」に15時に現地集合って電話切ったの。

お店の中からは、裕子の楽しそうな笑い声が聞こえた。

裕子~、久しぶり。

鈴愛にとっての大切な仲間たちが集まってきた。東京でマンガ家をしていたとき、楽しい時も苦しい時も一緒にいた。

朝ドラ「半分、青い」111回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です