【半分、青い】115回ネタバレと視聴率!ブロードビーンって何の声が殺到した

晴(松雪泰子)は、宇太郎(滝藤賢一)と一緒に行く豪華客船の旅を楽しみにしていた。「つくし食堂」の2号店のために諦めなければならない。

第115回、晴は自分の楽しみを奪われた気になる。でも何よりも子どもの気持ちを大切にしてきた時間があった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」115回視聴率

第20週「始めたい!」第115話が8月13日(月)に放送されました。気になる視聴率は、20.5%でした!

朝ドラ「半分、青い」115回 あらすじ(8/13放送)

病気のことは忘れて

晴と宇太郎は、豪華客船に乗って旅行に行く予定をしていた。鈴愛(永野芽郁)の「つくし食堂」2号店の話で宇太郎がその気になってしまう。

お母ちゃんだって、やるときはやるでね。

律(佐藤健)と和子(原田知世)は、ロボットの話をしていた。看板をしまいにいった弥一は、晴の姿を見つけてしまう。

ごめんね、こんな夜に。どこも行くとこなかった。ごめんね、和子さんにこんな私の愚痴つき合わせて。

私の病気のこと忘れとって欲しい。できれば、忘れとって欲しい。

鈴愛は、自分の居場所がなかった。その気持ちが晴にはよく分かっていた。「つくし食堂」の2号店が反対なワケではなかった。

晴さんが泣いとる。私の代わりに泣いとる。人と笑うと楽しいのが倍になるやろ。人と泣くと悲しいのは半分にはならんけど、減る。

和子は、晴にだけ自分の余命のことを話していた。それは、苦しみを分かち合って欲しかったから。

調子のいい時に調子にのれ!

和子は、「つくし食堂」2号店をやって見たらどうかと話す。

あかん、晴さんあかん。そういう調子のいいときに責めなあかん。調子のいいときに調子にのらんと、いつのるの?

二人は、笑い合う。律は、和子の笑い声を手のひらに掴んだ。

ほやけどあれやな。楡木家は、家でするとみんなウチに来る。

鈴愛は、小さい頃に家出して律の家の子どもになりたいと言ったことがあった。

親子は似るんかな~。

僕もお母さんに似とるのかな~。

鈴愛が晴を探しに来た。鈴愛が家出したときは、晴が迎えにきた。

宇太郎の夢「ドンキッコ」のような店を作る

宇太郎は、晴に土下座して謝った。

あのお騒がせして申し訳ありませんでした。私、2号店悪くないと思い始めました。

「ドンキッコ」のようなお店は、いいかも知れない。

2号店を出店して利益が増えるのか?それともリスクだけが増えてしまうのか?経営戦略が必要。

晴は、和子と話して気持ちが変わる。お店の帳簿を見せて、資本と負債の合計は、必ず資産と一致する。

まぁこういうのは、数字やない。気合や気合、何とかなる。調子にのるときは調子にのらなあかん。

晴の賛成もあって「つくし食堂」2号店を作ることになる。

ドラマ「半分、青い」115回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です