【半分、青い】123回あらすじと視聴率!健人がひとめぼれ麗子がカワイイ

律(佐藤健)は弥一(谷原章介)のことが心配だった。悲しみに押しつぶされそうになる、そんな父親を見るのが辛かった。

第123回、健人が麗子に恋をする。それは、ひとめぼれだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」123回視聴率

第21週「生きたい!」第123回が8月22日(水)に放送されました。気になる視聴率は、22.7%でした!

朝ドラ「半分、青い」123回 あらすじ(8/22放送)

晴たちの女子会

晴(松雪泰子)は、和子(原田知世)の家で女子会を開くことにする。律は追い出されてしまう。

女子会だから、男はジャマ。

律は、商店街を猛ダッシュした。和子の笑い声をいつまでも聞いていたかった。

あかなんだか。

喫茶「ともしび」では、男たちの飲み会が続いていた。小倉瞳(佐藤江梨子)は、上司と不倫をしていた。

気がついたら、私もこんな年に。

瞳は、バブルのときのボディコンで歌い出す。弥一も楽しそうだった。

踊る情熱、来世までの愛を誓うやなかった?

「岐阜サンバランド」は、バブル崩壊の影響を受けてとん挫していた。

ありがとな鈴愛、宇太郎さんが誘い出してくれて。

40歳すぎのおっさんを心配するな!

「センキチカフェ」には、ブッチャーの姉・麗子が来ていた。

この前、私にビューティフルって。家に帰って私、辞書引きました。

麗子は、ビューティフルには他の意味もあるかと思ってしまった。

麗子さんビューティフル、美しいキレイです。ずっと見ていたい、できれば触れたい。

麗子は、右手を差し出した。それは恋なのか?と鈴愛は思った。

美味しかったね、ちょっと飲んだだけやけど。

和子は、人の笑い声が聞こえることが嬉しかった。

先生、私ええ人生やった。何にも思い残すことない。ほやけど、律見てると悲しくなる。あの子残して、先生あの子よろしく。

貴美香は、70歳を超えていた。和子は60歳を過ぎていた。律だっていい歳になる。

結婚して子どももおる。立派なおっさんや。立派な大人やよ。

和子は嬉しそうに笑った。晴は、その声が嬉しかった。

鈴愛が考えて律が形にする

「センキチカフェ」では、岐阜犬が完成していた。

よう出来とる。

岐阜犬の喉のところにハンズフリーのスピーカーを仕掛ける。それをパソコンと繋ぐ。

こっから二手に分かれる。岐阜犬側とパソコン側と。

菜生は、糸電話を思い出した。律の声と鈴愛の声が聞こえた、あの日のこと。

俺たちも年取ったな。

4人の姿は、幼い日のあの頃を懐かしんだ。

朝ドラ「半分、青い」123回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です