【高嶺の花】7話ネタバレ!生きててくれるだけでいい直人の笑顔に涙が止まらない

ドラマ「高嶺の花」7話は、8月22日(水)日本テレビで夜10時から放送されました!

月島もも(石原さとみ)は、直人(峯田和伸)との結婚式から逃げてきた。拓真と手を繋いで逃げたのは、罪悪感が必要だったからだった。

第7話は、「第二章新しい出会い、壊れる妹…二人は再びめぐり逢えるか? 愛と哀しみの新ステージ始まる」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「高嶺の花」第7話視聴率

ドラマ「高嶺の花」第7話が放送されました。気になる視聴率は、9.9%でした!

華道家として生きる道を選ぶ、そのためには誰も愛さないと決めた。ももは、もう一人の自分に会えるのだろうか?

「高嶺の花」第7話あらすじ

人を愛することもできない華道家の宿命

ももと直人の結婚式が行われた。ももは、拓真と手を繋ぎ逃げてしまう。振り返ったとき、直人は笑った。

罪悪感を抱きながら一人で生き華道に向き合う。

芸術家としての感覚だった。結婚も子どもも作らない。高井は、土下座して謝った。

大丈夫ですから、頭あげて下さい。だから、俺がいいって言ってるんだよ。

直人の家には、ももが生けた華が飾ってあった。直人は、泣いてしまう。その涙は、ももに会えない辛さなのか?

月島市松は、神宮兵馬に会っていた。ももとルリ子も一緒だった。

あなたが後ろいけの妙手と言われた方だ。うん、でも今は見えないようだ。

神宮兵馬は、京都の華道の名家「神宮流」の後継ぎだった。

ところで兵馬さん、宇都宮龍一という華道家をご存知ですか?

龍一は、兵馬の異母兄弟だった。

直人の優しさ、ももは罪悪感を持てない

堀江宗太は、夢中になって絵を描いていた。森の中にいた坂東(イルカ)には何でも話せる自分がいた。

律ちゃんは、そういう女じゃないといいね。

ななは、ももに入籍届を渡した。直人は、何もかも知っていた。

だから笑ったの。あのクマのぬいぐるみ笑ったの。

市松は、ななを傷つけるように龍一にお願いする。兵馬は、環境に左右される魂は下品だと言い放った。

ななは龍一のマンションに向った。そこには、ルリ子と抱き合う龍一の姿があった。

なな?どうして?

龍一は、ななを泣かせた。ももからの連絡にも出なかった。

いつからなのルリ子さんとは?

ももは、ななを傷つけた龍一を許せなかった。でも、それは市松の仕業だった。

ルリ子の裏切り、ななは絶対に許さない

龍一の狙いは、月島ではなく「神宮流」だった。次の家元を狙う、華道会を揺るがすことになる。

問題は、あと1票。

月島の票があれば、龍一は勝つことが出来る。ももは、卑怯者と言い放つ。でも、ももだって卑怯だった。

直人は、図書館で新庄千秋(香里奈)に出会う。堀江宗太からの連絡で、イルカが倒れてしまった。千秋の車で病院に向かう。

止められない自殺はない。君が助けたんだ。

宗太は、日本一周を続けた。ななは蔵に入っていた。ももが中に入ると血だらけになっていた。

なな。

ももは、兵馬に会うことになった。もう一人の自分がいたとき、全てが消えて華と一体になっていた。

まだ恋愛感情のない相手と結ばれればいい。心のタネが差し支えなんです。

ななは、ルリ子が裏切っていることを市松に話してしまう。

私は許しません。絶対に許さない。

高嶺の花はキレイに咲いてくれるだけでいい!

喫茶「ボンソワール」では、カラオケをしていた。そこへ、ももがやって来る。

俺から、あなたに。

直人がプレゼントしたアクアマリンの指輪を返しに来た。

私みたいな無茶苦茶な女じゃなくて、ぷーさんにはもっといい人が現れるよ。

直人は、自分のことは心配しなくても大丈夫だと言う。分不相応の夢を見ただけだった。

あなたは高嶺の花、どこかでキレイに咲いててくれるだけで。生きててくれるだけでいいです。

直人は、カラオケを歌うことにする。ももは、帰りの車の中で泣いてしまう。

ドラマ「高嶺の花」7話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です