【半分、青い】124回あらすじと視聴率!和子は大切なモノを鈴愛に託した

「センキチカフェ」には、声を出す岐阜犬が置かれた。その向こう側には、律(佐藤健)の声があった。

第124回、和子は自分の大切なモノを鈴愛に託した。より子の立場は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」124回視聴率

第21週「生きたい!」第124回が8月23日(木)に放送されました。気になる視聴率は、22.4%でした!

朝ドラ「半分、青い」124回 あらすじ(8/23放送)

和子が岐阜犬の声を出す

鈴愛(永野芽郁)は、岐阜犬と話をする。その声の向こう側には、律(佐藤健)がいた。

本日は、お日柄もよく。

マイク越しには、宇太郎(滝藤賢一)や晴(松雪泰子)の声も伝わった。ボイスチェンジャーは、いろんな声に変化する。

私がその岐阜犬を?

鈴愛は、岐阜犬に悩み相談をさせようとしていた。その声を和子(原田知世)にお願いする。

これまた壮大な。

和子は、昔から語るのが好きだった。金八先生みたいだった。

このバカチンが。

和子は、岐阜犬を見てカワイイと思った。しゃべる岐阜犬は、相談を受ける。

友だちは、無理に作らんでええ。その代わりに僕に会いに来て。

和子は、誰かの力になっている自分が楽しかった。

生きるのが上手な和子と不器用な律

貴美香は、仕事があった方がいいと思っていた。

先生、このまま治ってしまうってことは?あっ、すいません。

和子の調子は絶好調だった。律の方は、あまり眠れないでいた。

和子さんは、生きて行くのが上手やな。人間やもん、不安で死んでまうことやってあると思うんよ。

律は、食べられない和子にほうじ茶を煎れたことがあった。和子は嬉しそうに笑った。

そう言えば俺、鈴愛に幸せの天才って言われてことがあった。

律は、生まれた時からキレイな赤ちゃんだった。勉強も出来て和子の王子様。

俺は何物でもないから、マグマ大使とか助かった。そういうの与えられないと、どうしていいのか分からない。

律は、キレイ過ぎて悲しくなる。心もきっとキレイなんだ。でも、律は生きるのがヘタだと思っていた。

鈴愛ちゃん、律に渡したってくれ

西園寺富子は、健人を好きになった麗子が心配だった。アメリカ生まれの変な関西の言葉を話す。

親にできることは、子どもを信じてあげることかと。

律は、川沿いにひとりでいた。家族が3人で歩く姿を見つめた。

薬って飲んだら治るんやないんか?

鈴愛は、根菜のスープを持ってきた。草太は、朝から煮込んでいた。

ありがと。今日ね、具合がよくて。鈴愛ちゃんが好きなクッキー作ったよ。

鈴愛は、和子が作るクッキーが大好きだった。宝石のような輝きがあった。

鈴愛ちゃん、小っちゃい頃と変わらん。

和子は、律の小さい頃から育児日記をつけていた。家族写真も律が18歳になるまで撮っていた。

律が生まれたときから、ずっとつけとった。鈴愛ちゃん、これ叔母さん死んだら律渡したってくれ。

和子は、弥一にも律にも渡すことができなかった。

叔母さん、泣いてまう。私は泣かん。

朝ドラ「半分、青い」124回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です