【半分、青い】131回あらすじと視聴率!より子のことは好きだった律の言葉は過去形だった

翼と花野は、川沿いを歩いていた。花野はジャンプするとよろけてしまう。翼が支えてくれた。

第131回、あの日あの時あの場所で鈴愛にフラれなければ。運命はどこまでも残酷だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」131回視聴率

第22週「何とかしたい!」第131回が8月31日(金)に放送されました。気になる視聴率は、22.6%でした!

朝ドラ「半分、青い」131回 あらすじ(8/31放送)

鈴愛はメーカーを立ち上げる

翼は、花野にパパの話をする。

パパは、アメリカに行くんだ。ウチは、いつも寂しい。

花野は、スケートの靴のキーホルダーをプレゼントした。

カメラマン。もし、なれたらカンちゃんが氷の上で回ってるところ撮ってあげるよ。

鈴愛は、東京に行くことに決める。「ヒットエンドラン」で勉強してからメーカーを立ち上げる。

私が好きなモノを私がいいと思うモノを一生懸命作って、それを本当に好きでいてくれる人のところへ届ける。

鈴愛は、律に熱く語った。律は、マンガ家になると言い出した頃を思い出した。

何かデジャヴなんですけど、前にもこんなことがあったような。

二人は、すっかり親の顔になっていた。

バツ2まさこの説得力とは

正直、大阪に帰ってくるなって言われるとは驚いた。

より子の願いは、部長以上の妻でありたい。

ほやけどな律くん、夫婦っていうのはどっちかのせいだけってことはないと思うんや。

喫茶「ともしび」のまさこは、バツ2のため説得力があった。

俺は鈴愛にプロポーズされて断られた。フランソワが死んで、ひとりが辛かった。

そんな時に出会ったのがより子だった。助けてもらった思いが強く、怒ることが出来なかった。

自分が思っていることが正しいのかどうか自信がなくて、人に怒れん。

より子のことは、好きだった。律は、思っていることを言葉にすることが苦手だった。

もう一度、より子さんと話してみたら。私はあかんかったけど、律は大丈夫かも知れん。

鈴愛は、少しだけ寂しそうな顔をした。

和子からの最高のプレゼント

宇太郎は、名古屋のデパートでスケート靴を買ってきた。

ありがと、じいじ。

花野は、ピカピカのスケート靴を見て嬉しそうに笑った。

ありがと、みんな。

鈴愛は、和子から預かった育児日記を持っていた。和子の月命日、弥一と律は寿司を食べていた。

ちょっと渡したいモノがあって、これ。和子さんの日記っていうか、生きているうちにことづかった。

和子は、律や弥一に渡すことが出来なかった。

いつ渡そうって悩んどった。ちょっと時間が経ってからの方が悲しくならなくてすむんじゃないかとか考えて。

鈴愛は、東京に行くことが決まっていた。律もアメリカか大阪に行ってしまう。

もう、持っているワケにはいかん。

律のことを記したノートには、たくさんの思い出が詰まっていた。ノートの間に律への手紙があった。

朝ドラ「半分、青い」131回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です