【半分、青い】130回あらすじと視聴率!鈴愛は楽しさを分け合う夢追い人

鈴愛は、津曲のオフィスを見るために東京に行くことになった。「ヒットエンドラン」は、神宮のスケート場の近くにある。

第130回、鈴愛は忘れかけた感覚を取り戻した。新たな夢は、お一人様メーカーだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」130回視聴率

第22週「何とかしたい!」第130回が8月30日(木)に放送されました。気になる視聴率は、22.3%でした!

朝ドラ「半分、青い」130回 あらすじ(8/30放送)

より子と律の気持ちがすれ違う

鈴愛は、花野の夢を叶えるために東京に下見に行く。その頃、より子が律に会いに来ていた。

律、スタンフォードに行く話あったでしょ。中川部長、残念がってたって。

律は、より子と翼と一緒に暮らすために大阪に戻ろうとしていた。

私は、スタンフォード行った方がいいと思うのよね。

中川部長の推薦を断ると出世にひびく。少なくても部長婦人以上になりたい。二人がすれ違ったのは、より子だけのせいじゃなかった。

そんなに、ここが嫌いですか?

より子は、翼を残して大阪に戻ってしまった。

本当に必要な人のために作り続ける

「ヒットエンドラン」は、区立中学校を後を使っていた。そこには、30社ほどの会社がシェアしていた。

なかには、ひとりでやっている人もいます。

ひとりで楽器を作る人や家具を作る職人、インターネットでパンを販売している店舗もある。

お兄ちゃん?新しい仲間たち、あなたは何を作るの?

津曲の妹は、みどり色と素材にこだわった商品を作っていた。

私の会社は、グリーングリーングリーン。私が大事にしているのは、みどりと手触りです。

世界中の誰よりもきっと、みどりを愛してる。まるでミポリンの歌詞のようだった。

本当に必要としてくれる方に心を込めてモノを作ります。

みどりが好きだからステキに作る自信がある。

鈴愛は楽しさを分け合う夢追い人

津曲の妹・加藤恵子は、普通の主婦だった。

このままではいけない、何かがしたい。何かを作りたいと激しく思いました。

人は、やる気さえあれば何でもできる。鈴愛は、カッコイイと思った。

パパは、世界の人の役に立つ発明をするんだ。だからアメリカに行くんだ。

より子は、翼にそう教えていた。翼は、写真を見ていると花野がやってくる。

カンちゃんです。翼くん。

津曲のオフィスは、学校の用務員室を使っていた。

私、感動しました。この学校の会社、夢をもつ人でいっぱいです。私決めました。私もお一人様メーカーになります。

株式会社「ふぎょぎょ」、岐阜弁で良い意味に驚いたときに使う言葉。

みんなを驚かせたい。

鈴愛は、いずれは独立することを決めてしまった。

朝ドラ「半分、青い」130回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です