【半分、青い】133回あらすじと視聴率!風の谷に住む律との再会

朝ドラ「半分、青い」
スポンサーリンク

鈴愛(永野芽郁)は、東京に律(佐藤健)はアメリカに向かった。そして、2年後には違う道を歩き始めていた。

第133回、鈴愛は五平餅の屋台をひく。そこで律に再会してしまう。

朝ドラ「半分、青い」133回視聴率

第23週「信じたい!」第133回が9月3日(月)に放送されました。気になる視聴率は、21.8%でした!

朝ドラ「半分、青い」133回 あらすじ(9/3放送)

律が風の谷の住民になる

2010年の夏、律は菱松電機の東京本社にいた。各セクションの予算管理をする部署の課長になっていた。

この予算は出せません。

律は、杉並区風の谷7丁目に住んでいた。そこへ正人が訪ねてくる。

正人が探してくれたここ、すごくいい。

律と正人は、枝豆とビールで乾杯をする。

あんまり気を使わないで。風の谷とか聞いたら悲しくなるじゃん。スナフキンが俺は?

それは、ムーミン谷。

菱松電機は、6月でロボット部を閉鎖していた。リーマンショックの影響を受けていた。

君が菱松とスタンフォードでやっていたトルク制御のような研究は、もうやれない。

律の研究は素晴らしいモノだった。でも、お金を必要とする研究だった。

鈴愛と律が再開する

アメリカに行った律は、より子と翼と一緒に生活していた。アメリカでの生活は、家族のストレスとなり1ヵ月前に離婚をしてしまった。

養育費の確認。

小川ともみは、律と正人が受験のときに助けた犬の飼い主だった。

あの後、26年生きて先月天国に行きました。長寿犬としてギネス世界記録にのりまして。

川沿いで売っている五平餅も買ってきた。

お二人の海東高校の受験を犠牲にして、本当にごめんなさい。

子どもが受験の時になって、初めて大変なことをしてしまったと気がついた。

おーホントや。五平餅の屋台や。あーじゃあ生ふたつ。

五平餅の屋台は、鈴愛がやっていた。

おかえり律。

お前、おばさんになったな。

鈴愛は、律にビールをかけてしまう。

お前どうした?

正人は、3ヵ月前に鈴愛がこの街にいることを知った。

ほんで今日さ、ディナーに鈴愛ちゃんとカンちゃん呼ぶ予定だったの。

律は、五平餅の屋台が見たくて会ってしまった。

で、お前ら付き合ってんの?

正人には、恋人がいた。その相手は、律にとって意外な人だった。

カンちゃん、久しぶり。お前どうした?

どうや、おばさんやない。美魔女や。

朝ドラ「半分、青い」133回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

コメント