【半分、青い】145回あらすじと視聴率!スケートにヒント二重構造の羽根だ

鈴愛(永野芽郁)は、扇風機の風をカベにあてると風が柔らかくなることを思い出した。律は、扇風機の風を研究した。

第145回、律にはマンガ家をやめるときのような絶望感はない。律を天才と信じる力があった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」145回率

第25週「君といたい!」第145が9月17日(月)に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

朝ドラ「半分、青い」145回 あらすじ(9/17放送)

私たち迷走してないか?

扇風機の風は、カベにあてることで風が柔らかくなる。試作品「たらい型扇風機」が出来上がった。

このタライみたいのがカベの役割をして、渦が壊れるワケなんです。そして、そよ風のような風が。

津曲と恵子は、涼しくないし見た目が美しくないと思った。

うーちゃん、私何かやろうかな。

晴(松雪泰子)は、何かをしたいと思っていた。鈴愛は、試作品「キノコ型両翼扇風機」の絵を描いてみた。

律、描いては見たが私たち迷走してないか?作れるのか本当に。

鈴愛は、律に会社に戻れないか聞き出す。

うわうわ、それだけは言っちゃいけない奴だ。

風を障害物にあてる。風で風を消す。扇風機の渦を消す方法があるはずだと考える。

お前何にも考えてないやろ。俺ばっかり考えてる。

花野が繋いだ家族の愛

鈴愛は、マンガ家として挫折したときを思い出していた。そこには、絶望しかなかった。でも、律には絶望を感じない。

律を天才って信じとるからかな。

律もまた鈴愛のすごさを知っている。そよ風の扇風機、カベに風をあてる。その二つとも鈴愛のアイデアだった。

光江と花野がやってくる。

ホンマに学校なんやな。来てみたかったんや。

律は、花野と一緒にカフェにきた。花野は、塩ラーメンを食べながらスケートの話を始める。

前は泣いて申し訳なかった。カンちゃんは、ああいうとこがあって困る。

律は、鈴愛で慣れている。だから平気だと慰めた。光江は、涼次が花野に会いたがってる話をする。

ごめん忘れて。ほいで私にはカンちゃん見させてな。

光江・麦・メアリは、花野が大好きだった。鈴愛も東京での子育ては、3人のお陰でできたと思っていた。

感謝しかないです。ホントに私一人ではカンちゃんを育てながら働けなかったと思います。でも。

スケートからヒント、速さのポイントとは

花野は、スケートの上でみんなで手を繋いで滑った。テレビで見るより難しい。

同じ速度、同じ速さで滑るのがポイント。みんなのスピードが合わないと崩れる。へなへなーってなる。

律は何かを閃いた。

ラインが崩れる。渦が壊れる。ごめんカンちゃん。律、先にオフィス戻る。ごめん。

律は、鈴愛の描いた絵を探し出した。

あったこれだ。鈴愛、これ何で二重になってる?

鈴愛は、花のような扇風機の絵を描いた。花のように扇風機の羽が二重になっててもいいと感じた。

それだ、二重構造だ。二重構造の羽根だ。内側の羽と外側の羽の速度を変える。

外側の風の速度が速ければ、内側の速度の遅さに巻き込まれて渦は壊れる。

カンちゃん、ありがとう。

次の日から、仮説・実験・検証が始まった。外側と内側で速度の違う羽根を作り出す。

朝ドラ「半分、青い」145回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です