「半分、青い」第29回あらすじと視聴率!律とのさよならが近い雨に消されたドキドキの音

鈴愛(永野芽郁)が離れて行ってしまう。晴(松雪泰子)は寂しくて泣いてしまった。鈴愛も母親から離れることを考えてはいなかった。

第29回、鈴愛が成長するときに晴はどうしようもない寂しさを感じてしまった。

ドラマ「半分、青い」第29話 視聴率

第5週「東京に行きたい!」第29話が5月4日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、分かり次第発表します。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「半分、青い」第29話 あらすじ(5/4放送)

鈴愛の夢は、お母ちゃん夢や!

鈴愛は、母親の涙を見て迷ってしまう。でも、晴は自分の夢を追って欲しいと考えた。

左の耳が聞こえなくなったときも、左側の世界っていってステキなやつ見せてくれた。忘れられん。

律と一緒に作ったゾートロープを思い出していた。

鈴愛には、夢を見る力があり憧れる力がある。

あんたの夢をたくさんの人が一緒に見るのかも知れん。あんたの作る世界を楽しみにするのかも知れん。スズメの夢は、お母ちゃんの夢や。

晴は、鈴愛のマンガが「つくし食堂」の本棚に並ぶかも知れない。そんな晴の夢も語った。

ありがとう、お母ちゃん。

バカなのか天才なのか?

ふくろう会のメンバーは、喫茶「ともしび」に集まっていた。鈴愛の東京行きをお祝いしている。

あれウソや、口から出まかせ。

鈴愛は、履歴書に正直に書くことで就職が決まらなかった。それを知ったふりをしたが、ウソだった。

まさか耳のことで落とされるとは、気づかなんだ。

鈴愛が耳のことで落とされることは知っていた。晴は、そのことに感動して東京行きを許していた。律は何となく分かっていた。

鈴愛の世界に悪意はないな。

内緒もないな。

差別もない。

律は、心の底では心配していた。

晴さんが地球を征服しにきたゴアの力で止めると思っとった。

雨の音がキレイに聞こえる傘

鈴愛と律は、ふたりで歩いて帰る。突然の雨に傘をさして歩く。

律?左側に雨が降る感じ教えてよ。どんなやったっけ?

カサに落ちる雨の音って、あんまキレイじゃないから右だけくらいがちょうどええんやないの?

鈴愛は、雨の音がキレイに聞こえる傘を考えてほしいと言い出す。

じゃあ律、作ってよ。

ドキドキの音が雨の音で消される

dトラックが鈴愛のスカートを汚す。律は、自分のパーカーの袖で汚れを落とす。

ふぎょぎょ。

鈴愛は、みんなに会うのが久しぶりだったからオシャレをしていた。

うん、気づいとった。

律と見つめ合う鈴愛。心臓の鼓動は、雨の音に消される。

(ドキドキしとった、ほいでもこの気持ちはないことにしようと私は思った。)

鈴愛は、自分の気持ちを心にしまって、やがて忘れようと決めた。

朝ドラ「半分、青い」第29話感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です