【半分、青い】第44回あらすじと視聴率20.9%!離れて行った子どもに会える母親の幸せ

律は、方向音痴の秋風を岐阜まで連れて来ていた。和子は、突然やってきた律に泣いてしまう。

第44回、鈴愛の夢は消えることはなかった。もっと近くにきてくれた。

朝ドラ「半分、青い」第44回 視聴率

第8週「助けたい!」第44話が5月22日(火)に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第44回 あらすじ(5/22放送)

岐阜のサルと呼ぶな!

お母さん、ただ今。いきなりごめんね、こちら友だちの正人くん。

正人は、律と一緒に岐阜に行きたいと言い出した。律は、二人きりは息がつまると思っていた。

どうしよう夕ご飯。

夕飯には、お寿司を出前でとることになった。

誠に申しわけない、ネームはありました。私の勘違いでした。

鈴愛は、頭を下げている秋風の写真をとった。

本当の申し訳なかった。帰ってきて頂きたいを思っています。そうあなたのカケアミ、なかなか素晴らしかったです。

そう、ではひとつお願いがあります。岐阜のサルと呼ぶのは、こんりんざい止めて頂きたい。

家族がざわついた。

鈴愛の夢は消えない!

東京に戻ったら、私は飯アシですか?

いえいえ、まさか。私の秋風マンガ塾特待生として受け入れる所存です。

鈴愛は、「マハジャロ」で踊りながら全てが終わったと思っていた。そのショックは大きい。

これ、帰りはグリーンで帰ってきて下さい。領収書は切ってね。

鈴愛の夢は、何とか消えることはなかった。

律は、和子の薬を見つけてしまう。弥一は、律が東京に行ってから精神的に弱ったことを話す。

ボクシングやったら気が晴れたらしい。心配すんな、お父さんがついてる。お母さんは、お前の人生を愛してる。

鈴愛に会えた宝くじに当たったようなもんや

律は、正人を川に連れて行く。鈴愛と一緒に過ごした時間を思い出す。

二人付き合わないの?

律は、今の関係が一番いいと思っていた。律には、今でも好きな人がいた。

弓を引くところがキレイだった。

鈴愛は、東京に帰ることにする。晴は寂しそうな顔をする。

スズメ、これ。お小遣い、お父ちゃんもお祖父ちゃんも知ってる。

東京でしっかり食べるように言う。鈴愛は、いつか美味しいモノを食べに連れて行くと約束する。

お母ちゃん、私クビになったと思った。もうあかん、と思った。ほやけど、大丈夫やった。また頑張る。でも帰ってくる場所があって良かったと思った。

あんた頑張るんやよ。応援しとる。スズメ、お母ちゃんちょっと宝くじに当たったような気分やった。空から幸運が降ってきた。スズメに会えた。

クロッキーに挑戦!

鈴愛は、東京に戻るとアシスタントとして生活が待っていた。締め切りあけには机の下に転がり込むようになっていた。

寝袋と持ち出すとみんなが真似をした。家事専門のツインズもやってきた。

これじゃあ、まるで小学生の絵だ。まずデッサンだな。よしクロッキーをやらせる。

秋風は、モデルを探すように言う。

あっ、いいのがいる。

モデルに選ばれたのは律だった。時給は2000円、律は迷うことなく引き受けた。

朝ドラ「半分、青い」第44回感想


見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です