【半分、青い】第46回あらすじと視聴率20.9%!秋風はどこに向かっているのかマンガの世界は楽しい!

秋風は、新連載を断っていた。人を育てるために時間がないと言いわけする。菱本は、体の具合が悪いのではないかと心配だった。

第46回、秋風羽織のマンガ家を育てたい気持ちは本気だった。

朝ドラ「半分、青い」第46回 視聴率

第8週「助けたい!」第46話が5月24日(木)に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第46回 あらすじ(5/24放送)

秋風として生きる意味

自分にしか興味のなかった秋風がトークショーを始めると言い出し。菱本は、その頃からおかしいと思っていた。

もしかして再発してるんですか?

菱本は、自分よりも5分でいいから長く生きて欲しいと言う。

私、先生のいない世界に生きる勇気がありませんので。

鈴愛は、喫茶「おもかげ」から菜生に電話をかける。岐阜に帰ったのに会えなかったことを謝る。

私は決めとる、あのカエルワンピースは初めてのデートで着る。

電話が切れそうになると正人が100円玉を入れてくれた。

マンガ家の世界は楽しそう!

正人は、鈴愛の電話を聞いてしまった。

カエルのワンピース着たときに見せて。あっクロッキーのバイト楽しかった。ありがとう、また行く。

律は、「オフィスティンカーベル」でクロッキーのバイト代を受け取っていた。

また来てくれる?

律もまたクロッキーのバイトが楽しいと思っていた。「オフィスティンカーベル」には、菱本しかいない。締め切りの日が遠いと誰もいない日がある。

忙しいともう修羅場、そこここで人が寝るの。

律は、そんなマンガ家の世界が楽しそうと感じた。菱本は、律を気に入っている秋風を呼びに行く。

秋風が岐阜に行った意味

秋風は手紙を残していなくなってしまう。(少し旅に出る)向かった先は、鈴愛の家だった。

先生?

「つくし食堂」では、テーブルにご馳走が並んだ。

先日お土産で頂いたフキ味噌が美味しく、どうしてもここの料理を食べたくなりました。

秋風は、仙吉と一緒に酒を飲む。

待っている間、日向ぼっこができました。

宇太郎は、ウナギを焼いた。

美味しいです。

秋風は、お刺身を食べて泣いてしまう。

秋風が泣いた

晴は、鈴愛に電話をかける。

先生が見えて泣いとりゃーす。

律は、菱本のお酒につきあっていた。

5年前、ガンをやったんです。その時も手術をして助かったんです秋風。元気だったのに、再発したんだわ。

菱本は、秋風の手紙を見てそう思った。律は、泣いている菱本の背中をさすった。

朝ドラ「半分、青い」第46回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です