【半分、青い】81回あらすじと視聴率22.0%!秋風ロス涙が止まらない

鈴愛は、「いつか君に会える」を描き上げていた。それが鈴愛の才能の全てだった。

第81回、マンガ家をやめる決意をする。あんなに好きだったマンガが辛くて苦しいモノになってしまった。

朝ドラ「半分、青い」81回 視聴率

第14週「羽ばたきたい!」第81話が7月4日(水)に放送されました。気になる視聴率は、22.0%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」81回 あらすじ(7/4放送)

「月が屋根に隠れる」は鈴愛の宝物

秋風は、鈴愛の描いた原稿を見ていた。

悪くないんじゃないか。うまくまとまっている。

鈴愛の原稿は、つまらなかった。自分で見ても感じていた。秋風の優しさが鈴愛を決断させる。

先生には、最後まで厳しくいて欲しかったです。

鈴愛は、秋風羽織を超えるほどの天才だと思っていた。

悪くても秋風羽織と同等。私は自分は天才だと思っていました。

天才じゃないと先生の弟子でいる意味がない、大切な秋風羽織の時間を盗む資格がない。そう思っていた。

ハードルは、自分で下げて行った。引っ越しやでアルバイト、星占いのカット。あげくに原稿を落とす。

でも、その代わりに「月が屋根に隠れる」があんなにステキな作品に。先生と連名なんて夢みたいです。

「月が屋根に隠れる」原案・楡木スズメ。作画・秋風羽織。そのマンガは、鈴愛の宝物になった。

自分の人生を晴らしたい!

「月が屋根に隠れる」は、ほとんどを秋風が考えた作品だった。

私には翼がない。私は飛べない鳥です。これ以上、先生をジャマする気はない。

秋風は、鈴愛・ボクテ・裕子に会うことで変わった。

お前たちは、私の人生を豊かにした。人間嫌いの私が何とかお前の。何とかしたいと。

自分を見捨てないで欲しい言う。

私は、どう頑張っても3流のマンガ家にしかなれない。それだったら辞めたい。

マンガを描いて楽しいのは、才能のある人だ。飛べない鳥が飛べる鳥を見上げて、下を歩くのはごめんだ。

人生に曇りの日が増える。私は、自分の人生を晴らしたい、曇り空を晴らしたい。私は、私の人生を生きる。

鈴愛は、マンガが大好きだった。あんなに好きだったのに苦しいだけになってしまった。

自由になった鳥は空に飛び立つ

秋風も苦しい表情を見せる。

マンガ家を辞めたらいいと思います。あなたはアイデアがとっても良かった。。言葉の力が強い。

鈴愛には、構成力がなかった。物語を作る弱さは、努力では補えない。

マンガをもう辞めたらいいと思います。

私、先生に言わせました。ひとりでは決心できないから、先生に言わせました。先生、今までお世話になりました。

秋風塾の生徒は、ひとりも残らなかった。

引っ越しの日、菱本はプレゼントを渡す。「いつもポケットにショパンを」の生原稿だった。

先生がね3人には、自分の原稿を持ってい欲しいって。あなた方3人は、秋風羽織の生涯たった3人の弟子です。

裕子には、「A‐girl」の原稿を渡す。ボクテには、「海の天辺」が渡された。

秋風は、壁にある絵に色をつける。飛び立つ3羽の鳥、それを見つめる顔には涙が描かれた。秋風の今の思い全てだった。

引っ越しのトラックの上では、懐かしい歌を口ずさむ。自由になった鈴愛は、新しい夢を見つける。

朝ドラ「半分、青い」81回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です