【半分、青い】95回あらすじと視聴率!ブッチャーと政略結婚する菜生の本気度

帽子教室「3月うさぎ」は、まともな生徒がいなかった。藤村の家は借金の抵当に入っていた。

第95回、黄色い箱には涼次のヒミツが隠されていた。それは途中までしか書いていない原稿だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」95回視聴率

第16週「抱きしめたい!」第95話が7月20日(金)に放送されました。気になる視聴率は、20.7%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」95回 あらすじ(7/20放送)

涼次は夢に夢見るタイプなのか?

鈴愛は、涼次から黄色い箱は見ないように言われた。どうしても見たくて藤村の家に持ってきた。

そんなことより、ここに涼ちゃんのヒミツが。

黄色い箱の中には、涼次が書いた原稿が入っていた。脚本は途中までしか書かれていない。

すべて数ページで終わってるんです。最後まで書けないんだと思います。

涼次は、夏休みの読書感想文さえ最後まで書いたことがなかった。

無名の新人が映画監督になるためには、まず脚本が書けなければいけない。それを映画会社に売り込むことで映画監督になれる。

あの子はな、3日坊主やねん。昔っから何も続いたことあらへん。テニスもピアノもギターも。

夢は大きく持っていた。ジョンマッケンローになるブーニンと言っていた。

夢に夢見るタイプよね。

菜生がブッチャーと政略結婚

菜生とブッチャーは、東山動物園でコアラを見に行った。

責任とってよ、東山動物園のコアラは愛の証しっていうんよ。

ブッチャーと一緒にいると居心地がいいと思っていた。

私の運命の人てブッチャーなのかな?

ブッチャーは、菜生に結婚を申し込む。

俺、菜生ちゃんが好きだよ。今、菜生ちゃんが一番好きや。結婚してくれ。

菜生は、一度預からせて欲しいと伝える。まるで商談のようだった。

おしゃれ「木田原」の改装の件なんやけど、銀行がお金出し渋っとる。

菜生は、ブッチャーにお金目当てで結婚しようとしていた。

祥平は何も知らなかった

涼次と祥平は、酔っぱらって大声で歌っている。午前2時を回っていた。

空と君との間には、今日も冷たい雨が降る。君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる。

中島みゆきの歌は、犬の目線で歌われた曲だった。犬がご主人様を称えて歌っている。

何時だと思ってる。

鈴愛は、涼次と祥平の頭に水をかけてしまう。とても機嫌が悪かった。

元住吉監督は、独自の世界を切り開いたと思いました。

麦は、「追憶のカタツムリ」を見ていた。

でも、今どき関心ですよね。ご家族と一緒に住まわれて。あの趣味の悪いピンクのマンションに住もうとしてたんでしょ?

都会もんから見たら趣味が悪いかもしれんけど、私はピンクのマンションに住みたかった。それもこれも全部、元住吉さんのせいです。

映画製作がスポンサーからお金を出してもらえなくなった。それを涼次は肩代わりしていた。

えっ、どういうこと?

祥平は、何も知らなかった。涼次は祥平に話すことが出来なかった。

朝ドラ「半分、青い」95回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です