【中学聖日記】5話あらすじと視聴率!未来に絶対なんて存在しない聖と晶の道

花火大会の日、聖は晶と一緒にいた。タクシーで家に向かうと婚約者の勝太郎と晶の母親・愛子が待っていた。

第5話は、「教師失格! 禁断の恋の代償…彼女が下した決断は!?」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「中学聖日記」5話の視聴率

TBSドラマ「中学聖日記」の第5話の気になる視聴率は、6.5%でした!4話より1.1%アップしました。

中学の非常勤教師・末永聖(有村架純)、中学3年生・黒岩晶(岡本健史)、聖の婚約者・川合勝太郎(町田啓太)

「中学聖日記」5話のあらすじ

教師の退屈しのぎに利用するな!

末永聖は、黒岩晶のことを好きになってしまう。聖のマンションの前、晶は聖の手を握っていた。勝太郎は肩を抱き寄せる。

晶、晶、これ以上怒らせないで。

愛子(夏川結衣)は、晶の暴走を止める。勝太郎は、何も聞こうとしない。晶のことを問題児に引き込まれたからだと言い出す。

終わりじゃないよ、いつか先生と結婚する。

愛子は、晶を殴ってしまう。聖は、学校に呼び出されてしまう。教師が生徒と関係を持つ、それは淫行になってしまう。

教師として未熟だった私は、自分に好意を寄せてくれる黒岩くんに支えられたんです。

晶と一緒にいるとドキッとしたり、学生に戻ったように切なくなったり。花火大会の夜、二人で会ってキスをした。

教師は辞めます。もう二度と黒岩くんには近づきません。

愛子は、生まれたときからの晶の話をする。子育ての大変さ、ずっと二人で歩いてきた時間かけがえのないモノだった。

あんたの退屈しのぎに、なんでウチの晶が利用されなきゃならないのよ?

生徒を好きになったの、ごめんなさい

晶は、学校に向かってしまう。聖は、処分が出るまで自宅謹慎になってしまう。

ごめんさい、もう忘れて。あれは間違いだった。いけないことなの、あなたが15歳だから。

晶は、勝太郎の会社に向かった。自分には聖しかいない、話せば分かってくれる。無我夢中で大阪まで来てしまった。

悔しかったら、早く大人になれ少年。

律は、真っ直ぐな晶が羨ましかった。聖は、生徒と一緒に映した写真を見つけた泣いてしまう。

分かった何でもするから、だからお願いします。先生を辞めさせないで下さい。お願いします。

聖は、教師を辞めることを決意した。丹羽千鶴(友近)は、母親に報告するべきだと車を飛ばした。

ごめんなさい、お母さん。学校辞めることになった。結婚もたぶんもう無理。生徒を好きになったの。一緒にいるところを見られて。

母親は、勝太郎との結婚を選ぶべきだと言う。律は、勝太郎のために食事を作った。

相手、中学生ですよ。

自分の婚約者が他の人を好きになってしまった。相手は、中学生そのことを男は許せるのか?

未来に絶対なんて存在しない!

聖は、勝太郎の住む大阪に行くことになった。晶は、それを知ってしまう。

父さん、あんたが5歳のときに出て行った。だから離婚したって言ったけど。母さん、好きな人が出来たの。

愛子が好きになった人は、建築家の男だった。相手には、家庭があってどうにもならなかった。

今どんなに強く思っても、時間が経てば忘れる。絶対なんてないし、この人じゃなきゃダメってこともないの。

晶は、一緒にしないで欲しいと怒ってしまう。聖は、勝太郎のことろに行くために婚約指輪を指にはめた。

いいの?本当にこのままでいいの?あんたが幸せなら、それでいい。でも、そうじゃなきゃイヤ。このままでいいの?

聖は、勝太郎よりも好きな人が出来てしまった。たとえそれが生徒でも、出会ってしまった。律は、勝太郎に目を背けて欲しくなかった。

(たった一学期だけでしたが、教師として皆様と過ごせたこと幸せに思います。校舎に響く生徒の声が好きでした。教えることが好きでした。生徒のために頑張る先生方を尊敬していました。)

聖ちゃん、聖ちゃん、決めたから進路。そこで大人になるから。だから、行かないで。待って。聖ちゃん。

勝太郎さん、止めて。やっぱり一緒にはいけない。今のまま、このまま勝太郎さんと結婚することは出来ない。ごめんなさい。

聖は、婚約指輪を外した。

なら、この先ひとりになって。全部なくせばいい。

勝太郎は、聖を責めてしまう。聖は、晶の前から消えてしまう。

ドラマ「中学聖日記」5話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です