【サバイバル・ウエディング】9話ネタバレ!さやかは祐一すれ違う気持ち

ドラマ「サバイバル・ウエディング」9話は、9月15日(土)に放送されました!

黒木さやか(波留)は、柏木祐一(吉澤亮)にプロポーズされる。連載が終了する前に、まさかの結婚話が決まってしまう。

第9話は、「マリッジブルー⁉王子インドに永住」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「サバイバル・ウエディング」第9話視聴率

ドラマ「サバイバル・ウエディング」第9話が放送された。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

ファッションブランドのマーケティング戦略を用いた恋愛テクニック、実用的恋愛小説です。

「サバイバル・ウエディング」第9話ネタバレ

インドで企業?

柏木祐一は、「宣究社」を辞めてインドに行くつもりでいた。さやかとは、インドのチェンナイに住む予定。

さっきも話したけど、やっとチェンナイで開業許可が降りたんだ。

しばらくは、貯金と退職金を運転資金にする。さやかは、単なる転勤だと思っていた。

父は反対している。退路を断って誰にも頼らずにやっていく。永住するつもりで。

さやかは、行動力・解決力・意思の強い女性だ。祐一は、理想の女性と言った。

おい、みんな。黒木の結婚決まったぞ。

祐一は、退職を決めてしまった。「riz」は、海外展開が決まった。宇佐美は、アジアに向けての雑誌を作ることになる。

あんなに心優しい人がインドで事業を起こして、上手く行くと思いますか?

さやかは、インドに行くことを迷っていた。

さやかはマリッジブルー?

さやかは、柏木惣一に会うことになった。結婚の報告をするためだった。

君は宇佐美くんのところにいるんだろ?やりがいのある仕事があるのに、こんな甘っちょろい奴とわざわざインドに行って苦労することもないだろ。

惣一は、企業を反対した。祐一は、何かを焦っていた。それは、宇佐美の言葉に刺激を受けていた。

何かを成し遂げたいなら、早いうちに世界で挑戦することだ。

黒木美恵子(財前直見)は、さやかのコラムを読むのを楽しみにしていた。

もしや私、いっちょ前にマリッジブルー?

「サバイバル・ウエディング」は、本になるかも知れない。さやかは、まだ仕事が続けたかった。

結婚できなきゃクビって、そんなバカな話ないから。

週刊「エッジ」の編集長・原田は、さやかの才能を見出すことができなかった。宇佐美だけは、違っていた。

こいつの書く文章には、読み手を引きつけるものがあります。「riz」でこの宇佐美が責任を持って育てます。

本当にいい上司は、部下をよく見ていた。さやかが「riz」に呼ばれたのは、偶然じゃなかった。

祐一の気持ちに答えようとしていない

クリスチャン・ルブタンは、10代の頃ショーガールに白身魚のカルパッチョを買わされていた。それは、カルパッチョは靴の中に入れていた。

インソールにクッションを施す、ルブタンのシューズが生まれたんだ。女性が360℃どこから見られても美しく見える。足に負担をかけたくない。それが哲学になったんだ。

さやかの足をキラキラしたシューズが覆った。宇佐美は、見とれてしまう。

ケガは大丈夫と。

恵美子は、階段から落ちてケガをしてしまう。インドに行くなら貯金を渡すと言い出す。

結婚するの?しないの?彼のこと好きなんでしょ。インドでも、どこでも行って支えてあげればいいじゃない。

インドに行けないなら、日本にいてもダメだと思う。祐一は、決心していた。その気持ちに答えようとしていない。多香子はそう思った。

ごめんなさいね、何でも大きな商談が決まったとかで。ウチの人が飲ませちゃって。

宇佐美は、柏木惣一と飲んでいた。

ごめんなさい、私やっぱり行けない

宇佐美は、高級マンションではなく古いアパートに住んでいた。

ここまでしたんだから、次は温泉の企画やらせてもらいますよ。

宇佐美の部屋には、企画にチェックを入れた紙があった。本棚や机に上にも資料でいっぱいだった。

壁にぶつかるたびに自分を奮い立たせて、立ち向かっているんだ。私の知らないところで、いろんなモノと戦っているんだろうなぁ。

次の戦略を教えて下さい。編集長、私どうしたらいいですか?彼は勘違いしている。

姉御肌で、どんな国でもやっていけると思ってる。本当はコンビニとかデパートがないと生きて行けない。普通の30女。

友達との時間、家族とも離れたくない。子どもは日本で産んで育てたい。

先行きが見えない不安な生活はしたくない。それに、私もっと編集長と仕事がしたいです。

さやかの言葉を宇佐美は寝たフリをして聞いていた。

さやか、一緒にインドに行ってくれるって言ってくれて、ありがとう。

祐一は、チェンナイの写真を送って来た。さやかと恵美子を連れて行きたいと言った。

ごめんなさい、私やっぱり行けない。

さやかは、祐一からのインド行きを断ってしまう。そこには、宇佐美への気持ちも隠れていた。

ドラマ「サバイバル・ウエディング」9話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です