【コンフィデンスマンJP】第4話あらすじと視聴率9.2%!オタクをこじらせた佐野史郎の演技が話題

月曜の夜から騙される「コンフィデンスマンJP」の第4話は、佐野史郎VS長澤まさみ!決戦の舞台は、映画マニアの世界だった。

第4話は、「舞台は映画の都 パワハラ社長を倒せ」放送されました。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が登場します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「コンフィデンスマンJP」第4話視聴率

月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話、映画マニア編の視聴率9.2%でした!

映画とは国と国との垣根をなくすこと。映画とは世界の言葉を持っていること。映画とはみんなが見るもの。映画とは人間を知ること。…江戸川長治

「コンフィデンスマンJP」第4話あらすじ

映画バカの食品偽造

俵屋フーズは、「ウナギカレー煮」の缶詰が人気商品だった。外国のウナギを使っているが国産と偽っていた。

ウチがやってることは、犯罪です。

社長の俵屋勤(佐野史郎)は、食品偽装をしていることを悪いことだと思っていない。社員の宮下は、厚生労働省への告発文を破り捨ててしまう。それをダー子が見つける。

マリリンモンローは、本当に自殺だったのか?UFO映像はフィクションなのか?ハリウッド映画は人類を洗脳したのか?コンフィデンスマンの世界へようこそ!

俵屋は、映画好きで有名だった。学生時代は、自主映画を作り俳優を目指したこともあった。自宅には、ホームシアターまで作っていた。

リチャードは、ニセモノの「月間キネマ」を渡す。そこには、映画人たちが通った銀座「スワンソン」のことが書かれていた。

映画を一緒に作りましょう!

「スワンソン」は、懐かしいスターの色紙やポスターが飾ってあった。俵屋は、勝新太郎が好きだった❝カツサンド❞を注文する。

こんなステキな店があったなんて知りませんでした。

東進映画のプロデューサー立浪(リチャード)と新人監督の岡本(ボクちゃん)が入ってくる。脚本を俵屋に見せることになった。

作りましょう一緒に。

何度誘っても出資金に乗ってこようとはしない。それは、あまりにも好きすぎて近づけない怖さに近いものだった。

どうするもこうするもないわよ、仲間に入れずにモジモジしている子は、無理やり引っ張り込むまでや。

ダー子にハニートラップの才能があった?

京都の映画村で撮影が始まった。俵屋は、伊吹五郎に会って興奮していた。

いくらですか?いくら足りないんですか?

主演女優が降りて製作費が足りない。3億のお金が必要だった。それでも俵屋は、出資しようとしなかった。

中国のマギー・リン(ダー子)が来日することになった。主演女優をお願いすることが出来た。

プロデューサーより出資者とで出来てしまうらしいで。

俵屋は、3億円の出資を決めた。

どうだ見たかボクちゃん、誰がハニートラップの才能ないって?目線一発で落としたぞ、ダー子さんに弱点なんてないんじゃボケ。

俵屋は、出資するためには条件があると言い出す。脚本に文句を言い出す。

俵屋はボクちゃんに一目ぼれ

映画に納得しなければ出資できない。「立ち上がれつわものどもよ」は、本当に撮影することになってしまう。

僕の映画だ、お前は黙ってろ。

マギー・リンが撮影にきた。俵屋は、マギーと共演したいと言い出す。それは徳川の役だった。

さっき振り込んだよ3憶。

撮影には、俵屋フーズの社員も関わっていた。

あなたもセリフのある役、やってみない。今度は破かないでね。

俵屋は、マギー・リンの部屋にくる。

君じゃない、監督。初めて会った時から魅力的な若者だと思っていた。

映画の力で人生を変える

「立ち上がれつわものどもよ」の完成披露プレミアム試写会が開かれた。

劇場公開はしませんよ。この映画はネット配信のみですわ。

映画は、俵屋フーズの社員たちによる食品偽造の告発に変わっていた。

国内産とうたっていたウナギは、全て外国産です。

ダー子たちは、上映が終わると姿を消していた。俵屋は、食品偽装で逮捕される。

まさに1本の映画で人生を変わったわ、映画の力ってすごいわね。

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第4話感想

見逃した方はこちらから⇨まずは無料でお試し!「FODプレミアム」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です