【コンフィデンスマンJP】第3話あらすじと視聴率!ブルゾンちえみ3.5億CMとコラボもう一度見たい

月曜の夜から騙される「コンフィデンスマンJP」の第3話は、石黒賢VS長澤まさみ!決戦の舞台は、美術商の世界だった。

第3話は、「金まみれセクハラ美術評論家と対決‼」が放送されました。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が登場します!

「コンフィデンスマンJP」第3話視聴率

月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」第3話、美術商編の視聴率9.1%でした!

芸術は盗作であるか、革命であるか、そのいずれかだ。…ポール・ゴーギャン

「コンフィデンスマンJP」第3話あらすじ

芸術の知識を欲とカネにする

美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)は、美大に特別講師にきていた。須藤ユキに才能があると言って近づいて行く。

城ケ崎と付き合い始めたユキは、個展を開くことになった。そこでコメントをして欲しいとお願いする。

こんな絵を推薦したら、私の名に傷がつく。若くて小ぎれいで巨乳な画家、売れる可能性はある。

ダー子は、ピロービジネスとバカにする。

目に見えるものが真実とは限らない、モナリザは本当に微笑んでいるのか?写楽は本当に日本人だったのか?ナスカの父親は本当に人間が書いたのか?コンフィデンスマンの世界へようこそ!

城ケ崎善三は、大阪の貧しい家で生まれる。父親は無名の画家だったため苦労して育った。だが、絵を見極める目はホンモノだった。

持ち込まれた美術品を安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税やマネーロンダリングの手段として売却しているっていう話だ。

城ケ崎は、芸術の知識を欲とカネにしていた。

天才画家を見つけたい評論家

中国人バイヤー王(ダー子)は、たくさんの美術品を買いあさった。ダー子は、贋作を作る天才・伴友則にピカソのニセモノを作ることにする。

はーい先生、新しい商品ありますか?

沼田(ボクちゃん)が持ち込んだピカソの絵は、贋作とバレてしまう。伴は警察に突き出される。

ダー子が取り寄せている「天賜卵」は、卵本来の味がする。山本巌が作る卵は、本物の味がした。

1923年「初恋」は、山本巌が描いた絵。王は、オークションで1000万円で落札する。

何者ですか?山本巌って、まだあるんですか?

城ケ崎は、茨城県にある山本巌の家に向かう。ダー子は、贋作ではバレてしまう。だったら真実を作り出せばいいを思った。

所詮キャンバスと絵具、実質的な価値はない。人々が作り出した虚構の上に成り立っている。

ゴッホは、無名な画家だった。それが売れるようになったのは、最初に評価した人間がいたからだ。

評論家が一番なりたいのは、ゴッホを最初に見出した人間。

片田舎の素人をゴッホにしたい!

山本巌は、1905年貧しい農家に生まれる。病弱で絵を描くことだけが生きがいだった。田舎では評価されず1枚の絵を売ることもできなかた。

絵は上手いヘタではない、人々は物語にカネを払う。

フォービズムは、野性味や生きる情念を言う。城ケ崎は、山本巌の作品を見て興奮していた。

まさに早すぎた天才。

そこへ沼田と王がくる。沼田は、山本の絵を5万円で城ケ崎に売っていた。それを王に1000万円で転売したことを知ってしまった。

私、3億円で買います。

城ケ崎は、3億5000万円で買うと言い出す。

片田舎の素人をゴッホにすることができるのは、この私なんだ。

美術史に新たなスターが卵を作る?

オークションが始まった。

今日、美術史に新たなスターが加わります。山本巌、病気と闘いながら全てを芸術に捧げた情熱の画家。

オークション会場には、本物の山本巌がいた。

僕、絵なんてカリメロしか描けません。

ボクちゃんは、須藤ユキのところに行く。ユキは個展を開いていた。

コレいいよ、買ってあげるよ。

ユキは、年配の男性をパトロンにしていた。やっぱりピロービジネスだったのか?ボクちゃんには分からなくなっていた。

「コンフィデンスマンJP」第3話感想


見逃した方はこちらから⇨まずは無料でお試し!「FODプレミアム」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です