【大恋愛】3話あらすじと視聴率!尚のために無理をする真司ラストシーンに涙

北澤尚(戸田恵梨香)は、若年性アルツハイマーなってしまう。間宮真司(ムロツヨシ)は、どんな尚でも好きでいると決めた。

第3話は、「ひどい女でも好きなんだ! 貯金12万の俺にできる事」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「大恋愛~僕を忘れる君と」3話の視聴率

TBS金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の第2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

レディースクリニック女医・北沢尚(戸田恵梨香)、精神科医・井原侑市(まつおかま)、元小説家・間宮真司(ムロツヨシ)

「大恋愛~僕を忘れる君と」3話のあらすじ

真司と過ごす部屋、最低はイヤ

尚と真司は、一緒に暮らすことになった。コンロは一つしかない、鏡は汚れている。ウォシュレットがない、お風呂はカビだらけ。

15万くらいのところに引っ越さない?真司と一緒に過ごしたい、でも最低はイヤ。

真司は、尚の母親・北澤薫(草刈民代)のところに挨拶に行く。全てを分かった上で一緒にいる。そう約束した。

井原先生?

尚の元婚約者・井原侑市は、若年性アルツハイマー病のドクターとして有名だった。

コレに金がかかるもんで。

真司は、お金を作るために仕事をたくさん入れる。尚のためにキッチンとお風呂、トイレの掃除をした。

ピッカピカ、でも狭ーい。

好きな小説の名前は?お母さんの旧姓は?真司が捨てられた神社の名前は?尚は記憶をたどった。

生きるのが嫌になったら殺してくれますか?

代官山のマンションの見学の日、尚は約束を忘れてしまう。アパートに帰るとカギがさしっぱなしになっていた。

約束、忘れてごめんなさい。早くしないと時間がドンドン過ぎてっちゃう。

真司は、侑市に会いに行く。井原は、守秘義務があると何も答えようとしない。

正式にご結婚されたらいかがですか?

侑市は、3人の女性と会うことになった。肉を見て悲しむ女、霊感のある女、料理の写真を撮る女。尚の自然な笑顔を思い出してしまう。

どれもないかな。

尚は病院で治療をうける。楽しいことがあると悲しくなってしまう。

病気が進行するより前に心が壊れてしまうんじゃないかって思うんです。もう生きているのが嫌だって言ったら先生、殺してくれますか?

これまで生きてきたこと、学んできたことが指からこぼれ落ちて行く。侑市は、その研究をずっとしてきた。辛さは知っている。

恋人の名前を忘れる尚

真司は、腹痛を訴える。救急病院に向かうと尿管結石になっていた。疲労と水分不足、食生活が悪かった。

間宮さん、いつもの3倍シフト入れて頑張ってました。

真司は、尚と新しいマンションに引っ越すために無理をしていた。

尚には、小説を書いているとウソをついていた。真司は、体力にも才能にも自信をなくしてしまった。

6万円のアパートでいい。あそこで暮らそう。

尚は、自分を責めた。

酷いな、たしかに。酷いけど、好きなんだ。好きと嫌いは自分で選べないから。好きになっちゃったら、どんな尚ちゃんだって好きなんだから。

尚は、真司に抱きついて侑市の名前を呼んだ。

好き、侑市さん。

ドラ「大恋愛~僕を忘れる君と」3話感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です