【義母と娘のブルース】4話あらすじと視聴率!ウソから始まった本気の恋

岩木亜紀子は、みゆきの学校のPTAの役員になった。PTA会長・矢野晴美からは料理を教えてもらうことになる。

第4話は、「私達は契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛の形!」が放送されました。

「義母と娘のブルース」第4話視聴率

ドラマ「義母と娘のブルース」第4話が放送されました。気になる視聴率は、12.2%でした!

桜沢鈴によるマンガをドラマ化にしています。脚本家・森下佳子が描く世界観が楽しみな作品です。

「義母と娘のブルース」第4話ネタバレ

パパと亜希子さんは偽装結婚なの?

今井園子は、夫との夜の営みで悩んでいた。亜希子は、夜の営業のことだと思い教えようとする。

そういう時は、穴を探すことをお勧めします。うまく行かない時は、必ず見落としている穴があるはずです。

良一は、亜希子の勘違いを指摘する。みゆきは、林間学校の出し物を考えるため杏奈の家にいた。

よいリレーションを築けているようです。

下山和子は、1億のマンションを誰かに勧めるように言い出した。

売るとなれば、まずはこの物件のメリットとデメリットを把握し、アプローチする。

みゆきが帰ってきた。何だか元気がない。

パパ、パパと亜希子さんは偽装結婚ってやつなの?何で結婚指輪してないの?何で別々の部屋で寝ないの?

亜希子は、ちゃんと説明するために時間が欲しいと伝える。

株価チャートのお弁当

みゆきは、偽装結婚と言われて怒り出した。それは、そうでないと信じたい気持ちが強いからだった。

麦田章は、タクシーの運転手をクビになっていた。聞き間違いが多くて、リサイクル屋に転職していた。

林間学校に向かう日、良一と亜希子はふたりで見送りに行った。亜希子は、前の会社にマンションの営業に行く。

分かんない、意味わかんない。

先生は、みゆきのお弁当が株価チャートと教える。大変だったと思うぞ、みゆきは何とか機嫌を直した。

それって奇跡だったんだよ、ねぇ亜希子。

猪本寧々は、偶然が何度か重なり夫になる人に奇跡を感じていた。

僕たちのなれそめ、あんなほっこりした感じだったら、みゆきもやな感じしないんじゃないかな。

良一は、みゆきをデートに誘う。良一は、2年前のプレゼンの時に亜希子に初めてあった。

しかしながら私の記憶が正しければ、その前に会っています。

亜希子は、花見の場所取りをしている良一に会っていた。良一も亜希子を思い出す。

僕と結婚してくれませんか?

林間学校では、好きな人告白タイムになっていた。杏奈は、大樹のことが好きだった。

岩木さん、僕と結婚してくれませんか?

オファーの意味を計りかねるのですが。

僕には妻がいません。死別して3年になります。みゆきというひとり娘がいます。そして僕はスキルス性の胃がんを患っています。

自分が死んだ後に、みゆきを育ててくれる人が欲しい。亜希子は、その依頼を受けてしまう。

私は、人恋しかったんだと思います。

普通の結婚は、ともに人生を歩くことを言う。亜希子と良一の場合は、リレーに似ている。

今は告げるワケにはいかないにせよ、みゆきちゃんが巣立つときにはちゃんと話そうと思います。

お父さんの愛した女性は、みゆきの母親だけ。亜希子は、人恋しくて提案にのっただけ。でも、のって良かったと思えるようにしたい。

亜希子さん、手を繋ぎませんか?

良一は、亜希子の不器用な姿が好きだった。

家族と一緒に生きて行きたい!

良一は、具合が悪くなってしまう。亜希子は、キャラ弁の写真をメールで送る。

良一さん、話が途中になってしまったのでお弁当の写真メールで送っておきました。

ギザギザーズ。

亜希子の作ったキャラ弁は、ヨンリオの株式チャートだった。

(僕の妻は元キャリアウーマンでした。誰よりも努力家で誰よりもズレている。)良一は、亜希子を抱きしめてしまう。

最高です、亜希子さん。今度、ぜひウチの会社のも作って下さい。

(僕の妻は、どんな時にも提案を怠らない。そんな元キャリアウーマンでした。)良一は、病院に行くことにする。

おかえりなさいませ、みゆきちゃん。

亜希子さん、今日病院に行ってきました。夏休みが終わったら入院することにしました。やっぱり頑張ってみようと思って。

良一は、みゆきに妻のときのような思いをさせたくない。だから治療をしないことに決めていた。でも家族と一緒に生きる選択をする。

私は、良一さんと結婚して1つ学んだことがあります。奇跡はわりとよく起きます。

亜希子は、1億の物件を買いそうな人に出会ってしまう。みゆきと良一は、公園で自転車の練習をする。株式チャート弁当を持って向かう。

パパ、今ちょっと乗れてたよね。

良一は、公園で倒れてしまう。

ドラマ「義母と娘のブルース」4話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です