鹿賀丈史がよく行くお店!赤坂にあるANAホテル「ピエール・ガニェール」

東京の港区にある「ピエール・ガニェール」は、現代風のフランス料理のお店です。ホテルからは東京タワーも見えます!

9月22日(土)「人生最高のレストラン」では、鹿賀丈史さんが登場しました!

伝説の料理番組「料理の鉄人」の司会をしていました。人生67年で出会ったアイアンシェフたちの最高の一品を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピエール・ガニェール

赤坂にある「ピエール・ガニェール」は、ANAインターコンチネンタルホテル東京の36階にあります。

ピエール・ガニェールさんは、フランスの三ツ星シェフです。料理は独創的で芸術性が強く。「厨房のピカソ」と呼ばれています。

東京店を任されているのは、赤坂洋介さんです。ガニェールのもとで約15年もの間、彼のスピリットや感性を受け継いでいます。

一休.com予約はこちらから⇨一休.com

岩牡蠣のショー・フロア

「岩牡蠣のショー・フロア」は、ソースをかけた岩ガキの上にバナナがのっています。鹿賀丈史さん曰く、表現できないほどの美味しさです。

キジハタのポワレとパルメザンクリーム

「キジハタのポワレとパルメザンクリーム」は、香り付けのために皮のみを焼いています。身はソースの中で茹でます。

キジハタの上に野菜をのせて、パルメザンクリームをかけています。キジハタは、甘味があって身がしっかりとしています。

ピエール・ガニェールの料理は、焼く・茹でるなど異なる調理法を組み合わせることが多い。

キジハタは、九州では夏のふぐとも呼ばれる高級な魚です。神様に捧げる魚とも言われています。

コースメニュー

コースメニューは、それぞれ独創的で芸術的です。ピエール・ガニェールさんは、アーティストに近いのかも知れません。

●シマボタンエビとイベリコハムのコリアンダー

●生姜の香るラングスティーヌと福井産椎茸

●海老パウダーで覆った車えびグレープフルーツのジュレ

鹿賀丈史の人生最高のアイアンシェフ

人生最高のアイアンシェフは、母親の作った「手作り牛肉コロッケ」です。タマネギは千切り、牛バラ肉は大きめにカットします。

しょう油をベースに味付けします。ジャガイモは、潰してから肉を合わせます。小麦粉とパン粉をまぶしてから揚げます。

小さい頃、体の弱かった加賀さんに栄養のあるものを作ってくれました。鹿賀さんにとっての原点でもある料理です。

オリジナリティを大切に

鹿賀丈史さんは、劇団四季の研究生としてキャリアをスタートしました。22歳で主役に抜擢されてから45年、俳優の道を走り続けて来ました。

鹿賀さんが演じる上で大切にしてきたモノは、基本に裏付けされた❝オリジナリティ❞です。自分の経験を演技に昇華させることが大切です。

ピエール・ガニェールさんは言います。鹿賀丈史はカメレオンのようであり、とても個性を持った真の役者です。

「料理の鉄人」に出演した料理人は皆、鹿賀さんが番組を進める様子に圧倒されたと思います。

(画像出典:一休.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です