【半分、青い】155回あらすじと視聴率!律が生まれた意味と裕子の最後の夢

鈴愛(永野芽郁)は、裕子に会うために仙台に向かった。小さなに入った裕子をそっと抱きしめた。

第155回、裕子は最後にメッセージを残していた。その思いを叶えるため、鈴愛は悲しみを乗り越える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」155回視聴率

最終週「幸せになりたい!」第155回が9月28日(金)に放送されました。気になる視聴率は、23.1%でした!

朝ドラ「半分、青い」155回 あらすじ(9/28放送)

秋風羽織からの速達

裕子は、そよ風の扇風機ができるのを楽しみにしていた。

裕子は、あの扇風機。病院の患者さんやお年寄りや赤ちゃんに優しいって言って。できあがったら、ぜひ病院に入れたいなんて言ってました。

ヨージは、裕子から鈴愛の話をよく聞かされた。それくらい裕子にとっては、特別な存在だった。

あっ、とうとう行ったのか。

正人は、出版社に勤めていた。近くにきたからと「スパロウリズム」に立ち寄っていた。そこへ、秋風羽織からの速達が届く。

(人生は希望と絶望の繰り返しです。私なんか、そんなにひどい人生でも、大してないのにそう思います。でも、人には想像力があります。夢見る力があります。生きる力があります。)

(もうダメだと思うか、いや生きる。先はきっと明るいと思うかは、その人次第です。律くんとスズメには、その強さがあると信じています。)

律が生まれた意味

2011年3月11日、東日本大震災が仙台を襲った。裕子は、いつもの様に病院で働いていた。

患者さんを上に上にあげたそうです。でも、寝たきりと人もいる。裕子は、最後まで動けない患者さんに寄り添ったそうです。

鈴愛は、ひとりで仙台に向かった。律(佐藤健)は、それを静かに見送っていた。

鈴愛は、ひとりで裕子ちゃんに向き合った方がいいと思った。そうじゃないと本当の意味で受け入れたり、乗り越えたりできないんじゃないかなって。

裕子にとって鈴愛は、特別な存在だった。ただの親友ではない。律はそう感じていた。

だから俺はここにいる。

律は今までも、遠くにいたり近くにいたりしながら鈴愛ちゃんを守ったんだな。

俺の生まれた意味はそれなんで。あいつを守るためなんで。

それ本人に言わないの?

言わないね、言うなよ。

律は、鈴愛への大切な想いを心にしまった。

裕子の夢を叶える鈴愛は仙台の海に誓った

裕子の携帯が見つかった。最後にメッセージを残していた。

えーっと、裕子です。あんまり暗くなりたくないな。くーちゃん、ママがいなくなってもしっかり生きるんだよ。絶対、君は大丈夫だからね。

ヨージさん、ごめんなさい。私、患者さんを置いてゆくことできません。くーちゃん、よろしく。今まで、ありがとう。

ボクテ、ちゃんとマンガ描きなよ。私たちの中で唯一の生き残り、売れっ子。ガンバレ!

鈴愛、鈴愛、生きろ。最後に暑苦しいこと言って申し訳ないが、私の分まで生きてくれ。そして、何かを成し遂げてくれ。それが私の夢だ。生きろ、鈴愛。

白衣を着た裕子の写真は、明るく笑っている。でも、もう二度と会うことはできない。鈴愛は、海沿いを歩いた。

裕子、唄ってよ。それが私のステキな夢~。夢~夢~。

鈴愛は、東京に戻って来た。

律、そよ風ファン作ろう。鈴愛、生きろ。私の分まで生きてくれ。そして、何かを成し遂げてくれ。私は生きて、裕子の夢を叶える。

朝ドラ「半分、青い」155回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です