神田正輝がよく行くお店!長野にある戦慄の丼「ソースカツ丼」

長野にある「モンテ・モア」は、志賀高原にある『丸池ホテル』の中にあるレストランです。

10月13日(土)「人生最高のレストラン」では、神田正輝さんが登場しました!

神田さんにとっての「モンテ・モア」は、中学時代からスキーのために通っているレストランのソウルフードです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モンテ・モア

長野の志賀高原にある「モンテ・モア」は、ホテルの中にあるレストランです。オーナーの児玉さんは、神田さんをよく知っています。

夜な夜な遊びまくっていた神田さんは、ホテルのオーナーに正座させられたこともありました。

ソースカツ丼

「ソースカツ丼」は、季節によって豚肉の種類を変えています。冬にはヒレ肉を使います。ヒレ肉を揚げたらソースに漬け込みます。

丼には、ご飯・キャベツの千切り・ソースカツをのせます。甘いソースに長野の名産・野沢菜が合います。

ソースカツ丼は、長野がルーツです。今では、珍しくないソースカツ丼は長野が作り出したソウルフードです。

煮カツVSカツ丼

長野では、「カツ丼」と呼ばれているのはソース味で作ります。一般的に知られている卵とじは、「煮カツ」と呼ばれています。

近所の店に立ち寄って「カツ丼」を注文、見た目は卵でとじられています。食べてみるとソース味がしました。まさにソウルフード!

(記事内の画像出典:食べログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です