ホラン千秋がよく行くお店!東銀座にある安くて美味しいうどん屋さん「太常(だいつね)」

港区の南青山ある「太常(だいつね)」は、うどん屋さんです。ホラン千秋さんがよく行くお店です。

4月8日(日)「波乱爆笑」では、ホラン千秋さんが登場しました。銀座にある、うどん屋さんを紹介しました。

太常うどん(だいつねうどん)

太常うどん(だいつねうどん)」は、安くて美味しいうどん屋さんです。カウンターには、約25種類の野菜の天ぷらが並んでいます。

江戸時代から続く青果店が経営している、うどん屋さんです。5代目の店主が大のうどん好き、❝つゆまで飲み干せるうどんが食べたい❞と、うどんを開発しました。

青果店ともあって、築地から仕入れる新鮮な野菜の天ぷらが人気です。ランチタイムはセルフ式で揚げたてを食べることが出来ます。1コ50円からとリーズナブルです!

プチベール

プチベール」は、芽キャベツとケールの交配野菜です。苦みがあって美味しい野菜天ぷらです。お値段は100円です!

野菜のかき揚げ

野菜のかき揚げ」は、北海道産のタマネギを大きめに切ります。その日に仕入れた旬の野菜と一緒に天ぷらにします。

ホラン千秋さんが必ず食べる1品です。大人気のため、1日100コの限定天ぷらです。お値段は100円です!

うるい

うるい」は、見た目や食感がネギに似ています。ユリ科の春の旬野菜です。お値段は150円です!知らない野菜とも出会える、うどん屋さんです。

かけうどん

かけうどん」は、香川県産の小麦粉を使っています。店主が自ら製麺をしています。野菜の天ぷらとの相性を考え抜いた、こだわりの中太麺を使っています。

焼津のカツオ節と高知の宗田節でダシは、濃い目に作られています。お値段は450円です!

野菜の天ぷらの食べ方

ホラン千秋さんは、野菜の天ぷらを少しだけうどん汁に浸して食べます。ちょっとずつ食べるのが美味しいのだそうです。

「太常うどん(だいつねうどん)」では、店先に安い野菜や果物も並んでいます。この辺りが青果店らしさが出ています。

八百屋が始めた「うどん屋」 太常(だいつね)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です