【この世界の片隅で】3話ネタバレ!すずが恋をしたアイスクリームを描けない

ドラマ「この世界の片隅で」3話は、7月29日(日)夜9時から放送スタート!

近江佳代は、浦野すずが生活していた呉市の家に住もうとしていた。古民家カフェをするための準備をしている。

第3話は、「初めての逢引、交錯する4つの運命」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「この世界の片隅に」第3話視聴率

ドラマ「この世界の片隅に」の第3話が放送された。気になる視聴率は、9.0%でした!

脚本は、NHKの朝ドラ「ひよっこ」を作った岡田恵和が担当しています。主演は松本穂香と松坂桃李、3000人のオーディションを勝ち抜きました。

「この世界の片隅に」第3話ネタバレ

すずが周作に恋をした!

昭和19年6月、空襲警報が鳴り響く。北條家は、みんなが起き出してしまう。

すず、何ぼーっとしとる。しっかりしなさい。あんた何持っとる。

すずは、布団叩きを持っていた。次の日から防災訓練が行われる。生活は、配給が少なく工夫が必要だった。

ほいじゃあ、ウチらもぼちぼち防空壕作らにゃいけんのう。

すずは、周作を見つめる。径子は離婚すると決めていた。刈谷武は嬉しかった。

何でウチの子は、二人とも北條家に片思いなんじゃ。

すずは、周作に恋をしていた。側にいると、ついつい見つめてしまう。

あのさ、あんたあれ何?自分の旦那に見とれとるわけ?

すずは、周作のことが好きで好きでたまらない。径子は、未亡人に気をつかえと言い放つ。

周作には結婚を考えた女がいた

あん時、結婚せんでええかったんかも知れんね。周作にとってもね。

周作には、結婚しようとした女性がいたようだった。刈谷幸子は、その相手が誰だか知っていた。

ちゃんと忘れて、あんたのこと嫁にしたんだと思うよ周作さんは。

砂糖の配給が止まってしまった。すずは、なけなしの砂糖を水がめに落としてしまう。

闇市で買こうてきんさい。私のヘソクリや。

すずは、闇市で砂糖を買う。ヘソクリと生活費を合わせて20円、全てを出して砂糖を買う。その帰り道に迷子になってしまう。

お嫁さんに長ノ木に。へぇー。

白木リンは、遊女として生きていた。道に迷ったすずを救ってくれる。長ノ木のことをよく知っているが行ったことはなかった。

アイスクリーム?

リンは、アイスクリームを描いて欲しいと言う。アイスクリームは、真っ白くて甘い食べ物。西洋のお菓子ウェーハ―スがついていた。

すずです。北條すずです。

リンは、北條の名前を聞いて少し暗い顔をした。

すずと周作の逢引き

周作は、酒を飲もうとしていた。そこで苛立っている海軍の兵士に言いがかりをつけられる。

お前らみっともないぞ。情けないな。はっきりとは言えませんが、厳しい任務につくことが決まってるんです。

生きて帰ることは出来ないかも知れない。周作は、水原哲に会ってしまう。哲は、すずの幼なじみだった。

痛いですか?どうしたんですか?

周作は、すずのアイスクリームの絵を見る。すずは、1日あった出来事を楽しそうに話す。

もう笑うところじゃありませんよ。

周作は、すずに忘れ物を届けてもらう。白木リンは、周作に会って笑顔を見せた。

よし、ほいじゃ行くか?もう終わりにしたんや。たまには、すずさんと逢引しようと思ってな。

周作は、アイスクリームを食べさせてくれた。

これじゃ、すずさん。アイスクリームじゃ、これで絵に描けるじゃろ。

今まで食べたことがない味だった。すずは楽しそうに笑う。

すずの純粋な気持ちが日本を裏切った

すずは、周作と一緒にいる幸せを感じていた。

夢の中におるみたいで、覚めとうないな思います。

人には、それぞれ過ぎてしまったことや選ばなかった人生がある。

わしゃ、すずさんを選んで幸せじゃあ思うとる。

すずは、アイスクリームの絵は描かないことに決めた。リンのために長ノ木の絵を描くことにした。

貴様は何しとるか?敵に情報を売るつもりか?

憲兵につかまってしまう。リンは、長ノ木のことをよく知っていた。でも行くことはない。そんなリンに描いた絵だった。

ドラマ「この世界の片隅で」3話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です