【まんぷく】23回あらすじと視聴率!先が夢枕に座った不吉な予感は当たる

昭和20年の春、戦局は絶望的だった。日本の各地で空襲を受けていた。アメリカ軍は、沖縄に上陸していた。

第23回、萬平に召集令状がきた。福子の細やかな幸せは奪われてしまうのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」23回視聴率

第4週「私がみつけます!」第22回が10月26日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」23回あらすじ(10/26)

萬平にきた召集令状

萬平と福子は、山菜を取りに出かけていた。鈴は、その姿に呆れてしまう。

おめでとうございます。召集令状です。

萬平に赤紙が届いてしまう。やっとつかんだ幸せが離れて行こうとしていた。

でも、役場の人も言うてました。大阪も神戸も大空襲があって、東京もやられて。日本はもうダメなんやないかって。

今、戦争に行ったら生きては帰れない。爆弾を抱えて敵の戦車に突っ込む、そんなウワサが流れていた。

みんな戦地で戦っているんだ、僕だけここで安穏としているのは忍びないよ。

福子は泣いてしまう。萬平は、山菜で作った汁ものをウマいと言って食べる。

よかったわね、お母さん。これで福子も未亡人よ。萬平さんのこと嫌いやったんでしょ。

咲が鈴の夢枕に座った。

鈴のお百度参り

萬平は、腹痛を訴える。医者は山を越えないといない。福子は、ひたすら走った。

腹が痛いんです。

ご近所中の人が集まってくるが解決しなかった。

助けて下さい、お願いします。

萬平は、腹膜炎かも知れない。薬で治るのは、五分五分と医者が言った。

神社はどこですか?

鈴は、お百度参りを始めた。

福子の旦那様の病気を治して下さい。

福子は、萬平と出会った時からのことを思い出していた。

朝ドラ「まんぷく」23回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です