【まんぷく】22回あらすじと視聴率!頑固で面倒で腹の立つ萬平のコト?

福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)と鈴(松坂慶子)が兵庫の上郡に疎開してから1ヵ月がたった。

第22回、自然が豊かな上郡には魚がたくさんいた。萬平は、電気を流して魚を獲ることを考える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」22回視聴率

第4週「私がみつけます!」第22回が10月25日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.4%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」22回あらすじ(10/25)

萬平が生き生きとしている

福子と鈴は、近所の人から分けてもらった野菜で食事を作る。萬平は、自然が豊かな上郡の山を散歩する。

どんな魚がいるんだい?何が獲れるの?

近所の子どもたちは、魚獲りをしている。萬平も捕まえようとするが、一匹しか獲れなかった。

これは効率が悪すぎる。いい方法を思いついたぞ。おじさん明日も来るから、みんなもおいで。

萬平は、カゴや電線を使って仕掛けを作ることにする。

あなたの旦那さんは、少しもじっとしてられないのね。

大阪にいるときより、生き生きしてるわ。顔色もようなってきた。

鈴は、元気になったなら子どもの顔を見せて欲しいと言う。福子は、そのことに触れてほしくなかった。

違法をしても謝らない頑固モノ

萬平は、川に電気を流して魚を捕まえることにした。子どもたちは、大量に獲れた魚を喜んだ。

これだけの魚、干物にしないと持たないでしょ。

萬平は、食べることへの執着心が強かった。それは、憲兵隊に捕まったことが原因だった。

うーん、美味しい。

鈴は、川魚が好きじゃないと言っていた。焼いた魚は、とても美味しかった。

これ塩もいいけど、しょう油をかけると絶品ですよ、お母さん。

おしょう油、ちょうだい。新鮮な川魚は、好っきやの。

村役場の人が訪ねてくる。川に電流を流すのは、危険だと言われてしまう。

どうか、お許し下さい。

福子と鈴は謝った。萬平も渋々と謝る。役場の人間は、家の電気のことまで口を出す。

そこは、見逃して下さい。小さいことをごちゃごちゃ言わない。

朝ドラ「まんぷく」22回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です