【まんぷく】3話あらすじと視聴率!福子との生活が鈴の病気を誘った

今井鈴(松坂慶子)は、腹痛で倒れてしまう。福子は、母のことが心配で仕事で大きなミスをしてしまう。

第3話、咲が結婚すること福子との二人きりの生活。その不安が鈴を襲っていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」第3話 視聴率

第1週「結婚はまだまだ先」第3話が10月4日水曜日に放送されました。気になる視聴率は22.3%でした。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」第3話 あらすじ(10/4放送)

結婚するのやめようかな

今井福子(安藤サクラ)は、母・鈴がツナ缶を食べているところを見てしまう。

お腹が痛いのに、お腹が空くの?

鈴は、咲(内田有紀)の結婚が心配だった。

ちょっと冷たそうに見えるのよね、真一さんは。あたたが初めて連れて来てくれた時だって。ニコリともしなかった。

咲がいなくなったら、福子と二人きりになってしまう。その不安もあった。

私、結婚するのやめようかな。ほんまは後ろめたかったの。

福子は、自分がしっかりするからと応援する。料理人の野呂幸吉は、コーンビーフの缶詰をくれた。

ミスターブラウンがフロントにくる。福子の英語を褒めて帰った。

どこで英語、勉強したの?

福子は、子どもの頃にイギリス人の家庭教師がいた。子どもの頃は、裕福だった。

福子がフロント係になる

立花萬平(長谷川博己)のところには、加地谷圭介(片岡愛之助)がきていた。

紙焼き写真をそのまま投影できる幻灯機があるいうのは、知ってたけどな。それを国内で作ってる人間がいるいうのを知って驚いたんや。

アメリカ製のモノよりも優れている自信があった。

会社を作って、共同経営するんや。俺が営業担当やったるわ。

福子は、支配人の大前田三郎に呼ばれる。

今井福子くん、明日からフロントに立ってくれへんか?君はフロント係に異動だ。

福子は、フロント係として抜擢された。

お母さん。私がフロント係になれたのは、お母さんのお陰です。

鈴は、子どもの頃から英語を習わせてくれた。父親が亡くなって貧乏になっても、女学校に行かせてくれた。

そやから大阪東洋ホテルに就職できたし、フロント係にもなれたんです。お母さんには、心から感謝しています。

咲の結婚を気持ちよく送ってあげて欲しい。福子は、自分が守ると約束した。

分かりました。もう、何も言いません。咲、真一さんと幸せになりなさい。武士の娘に二言はありません。

朝ドラ「まんぷく」3話感想

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です