【まんぷく】7話あらすじと視聴率!萬平のプロポーズと福子の素直な返事が響く

福子(安藤サクラ)は、立花萬平(長谷川博己)との再会に縁を感じていた。咲は、結婚してから病気がちになってしまう。

第7話、萬平は福子に恋をしていた。どうしても福子のことを考えてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」7話 視聴率

第2週「…会いません、今は」7話が10月8日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.3%でした。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」7話 あらすじ(10/8)

萬平の福子への想い

咲(内田有紀)は、結婚してから風を引くことが多かった。鈴(松坂慶子)は、こき使われていると思っていた。

福子、誰かいるの?私にかくれて。

鈴(松坂慶子)は、福子の結婚相手は自分が探すと決めていた。萬平は、屋台で酒を飲んでいた。そこへ世良勝夫(桐谷健太)がやってくる。

縁があるんやな僕ら。

勝夫は、萬平の才能をかっていた。元は技術屋だったが、萬平の才能を知って売る側になった。

君の作ったもんの良さは、僕の方が分かっとる。僕に売らしてくれたら、軍隊相手に大儲けする自信がある。

勝夫には、自信があった。誰にも出来ないモノを作っている。立花にも技術屋として自信はあった。

そんなん決まっとるがな。押しの一手や。女にホレたら、押して押して押しまくれや。

萬平は、福子への気持ちをどうしていいのか分からなかった。

萬平からのプロポーズ

萬平は、お付き合いして下さいと福子に申し込んだ。でも、忘れて欲しいと取り消していた。

もしかしたら、からかわれただけかも知れない?

福子は、高校の友人に相談していた。もう会わなければいい、福子の自分の気持ちが分からないでいた。

お母さんを心配させるようなことはしないで?

咲は、まだ具合がよくなかった。克子の家は、子どもたちがたくさんいて賑やかだった。

気楽でええな、この家は。

萬平は、勝夫に言われた言葉を思い出していた。福子の笑顔が忘れられない。福子の家では、縁談の話が持ち上がっていた。

福子さん。やっぱりあれは、あれは本気です。僕と付き合って下さい、結婚を前提に。いい加減な気持ちじゃありません。お願いします。

結婚?

福子は、萬平を見つめる。

はい、はい分かりました。

朝ドラ「まんぷく」7話感想

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です