【まんぷく】8話あらすじと視聴率!みんなが喜んでくれるような仕事がしたい萬平の夢

福子(安藤サクラ)は、立花萬平(長谷川博己)とから結婚を申し込まれる。二人は初めてのデートをすることになった。

第8話、みんなが喜んでくれるような仕事がしたい!それが萬平の夢だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」8話 視聴率

第2週「…会いません、今は」第8話が10月9日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.3%でした。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」8話 あらすじ(10/9)

みんなが喜んでくれるような仕事を

福子の父親は、小学校を卒業する頃に亡くなっていた。家計は、咲(内田有紀)が支えてくれた。

今は、母と二人だけやから。私の収入で暮らしています。

福子は、家族の話を始める。萬平は、静かにその話を聞いていた。

父親は、僕が物心つく前に母親はそのすぐ後に亡くなりました。

萬平には、兄妹がいなかった。両親が亡くなった後は、親戚の家を転々とした。

僕は、自分が迷惑をかけるのが嫌だったから18歳で働き始めたんです。修理屋でね。

二人は、屋台のラーメンを食べることになる。萬平は、カメラや時計など何でも直せるようになった。25歳で独立して大阪に来た。

そしたら、直すだけでは気がすまなくなって。アメリカ製のミシンや、幻灯機を改良し始めたんです。

萬平は、会社を案内する。世の中の役に立つような仕事がしたい。それが萬平の夢だった。

みんなが喜んでくれるような仕事を。

咲が救急車で運ばれる

萬平は、福子を家の前まで送る。福子は、自分が美人ではないことを知っている。どうして私なの?

そんなことはありません。福子さんは、カワイイ方です。それに、心が優しくて礼儀正しくて。頭もいいし、ラーメンも美味しそうに食べるし。

また会って欲しい。萬平は、嬉しそうにそう言った。

今のはダレ?

福子は、萬平の話を鈴にする。会社経営をしている。鈴(松坂慶子)は、それだけで反対だった。

母があの人はダメやって。結婚相手は自分が決めるって。どうしたらいいんですか?

牧善之介が受付にやってくる。

お姉さんが救急車で運ばれたのに、どうして行かないんです?

福子は、ホテルを早退して病院に向かった。善之介は、保科恵(橋本マナミ)に一目ぼれをしてしまう。

血を吐いてね。

咲は、布団の上で吐血してしまう。結核だった。

朝ドラ「まんぷく」8話感想

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です