【まんぷく】1話あらすじと視聴率!安藤サクラの明るさとポジティブさがいい

NHK連続テレビ小説「まんぷく」が放送スタートしました。10月からの朝ドラは、半年間どんな物語を見せてくるのか楽しみです。

主人公の今井福子を安藤サクラが演じます。福子の未来の夫・立花萬平は、長谷川博己が演じます。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」第1話 視聴率

第1週「結婚はまだまだ先」第1話が、10月2日月曜日に放送されました。気になる視聴率は23.8%でした。

ドラマ「まんぷく」第1話 あらすじ(10/2放送)

今井福子(安藤サクラ)、3人姉妹の末っ子。貧しいながらも、愛情をいっぱい受けておおらかな性格として育つ。電話交換手として、家計を支えるようになる。

立花萬平(長谷川博己)は、幼い頃に両親を亡くしてしまう。発想力と行動力を持ち、25歳で起業する。福子とは、運命的な出会いをすることになる。

私の結婚は、まだまだ先

今井福子は、洋裁店に来ていた。姉の今井咲(内田有紀)が見立ててくれていた。

安いのでええからね、咲姉ちゃん。

そんなこと気にせえへんの、私がこうてあげるんやから。

高等学校を卒業した福子のための就職祝いだった。咲は、結婚することが決まっていた。

あの人は、芸術家なんやから。

福子のすぐ上の姉・克子は、香田忠彦(要潤)と結婚していた。忠彦は、画家として絵を描いていた。

私の結婚は、まだまだ先。

小野塚真一は、咲の結婚相手だった。結婚式は、派手にしないで身内だけで行うことが決まっていた。

電話交換手として萬平に出会う

大阪東洋ホテルは、大阪で一番大きなホテルだった。福子は、電話交換手として採用されていた。

大阪東洋ホテルです。

中の島電機の渡辺あてに連絡が入った。それは、立花萬平からだった。

立花工房の立花だす。おくつろぎのところ、えらいすんまへん。

新入りのベッピンは、客と顔を合わせるところ。そうでない子は、裏方に回される。

こちらに、お名前とご住所お願いします。

福子は、フロントに行くとキレイな女性が立っていた。

ほな、ラーメン食べよか?しなそばのこと、最近はラーメン言うのが新しいんやて。

福子は、親友たちと屋台のラーメンを食べる。鹿野敏子は、専門学校に通っている。池上ハナは、タイピスト学校に通っていた。

私は楽しいよ。タイピスト学校。

福子が初めて食べたラーメン

福子は、電話交換手はベッピンはならない。そのことを気にしていた。

そんなこと気にするなんて、福ちゃんらしくないよ。

福子は、お嬢さま学校に通っていた。でも、福子の家は貧しくて同じ弁当を食べていた。

今日も、ちりめんじゃこのお弁当?毎日、同じで飽きひんの?

家が貧しくても、ちりめんじゃこの弁当でも笑い飛ばした。敏子とハナは、そんな福子が好きだった。

わー、これがラーメン。うーん、美味しい。これは、お家では作られへん。

咲の花嫁衣装が届いた。

はよ見たいな、咲姉ちゃんの花嫁姿。

母の今井鈴が、お腹が痛いと言い出す。

朝ドラ「まんぷく」第1話感想

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です