鹿賀丈史がよく行くお店!金沢にある日本料理「つる幸」


金沢にある「懐石 つる幸」は、海の幸や加賀野菜を使ったコース料理がおすすめです!

9月22日(土)「人生最高のレストラン」では、鹿賀丈史さんが登場しました!

伝説の料理番組「料理の鉄人」の司会をしていました。人生67年で出会ったアイアンシェフたちの最高の一品を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つる幸

石川県の金沢にある「懐石 つる幸」は、金沢駅から車で5分のところにあります。河田康雄さんは、二代目店主です。

加賀料理とは、暖流と寒流が混じり合う好漁場でとれた魚介を使っています。加賀野菜などを使った「京風」と「江戸風」が融合しています。

前田利家は、豊臣秀吉と親しく京都の味が栄えました。その後、徳川幕府の影響を受けて江戸の味も含まれています。

河田さんは、オリジナルに溢れています。しょう油をベースにして、まろやかな味が特徴です。

治部煮

治部煮」は、金沢の郷土料理です。加賀特産すだれ麩や百合根、鴨肉などを煮込んだ料理です。小麦粉でとろみをつけた汁が特徴です!

太胡瓜 釜治部煮風」は、加賀太きゅうりを丸ごと器にしています。しょう油ではなく塩ベースの出汁にした夏の治部煮です。

トリュフとフォアグラの茶碗蒸し

トリュフとフォアグラの茶碗蒸し」は、カツオだしと卵を混ぜています。通常の具材の他にトリュフとフォアグラが入っています。

独特の味がするフォアグラも、茶碗蒸しの中でうまく存在しています。

河田康雄

河田康雄さんは、まだ20代の頃に「料理の鉄人」に出演しました。アンコウやフォアグラをパイで包む、斬新な料理と自由な発想が面白い料理を作りました。

石川県金沢にある「懐石 つる幸」は、創業50年の名店です。金沢の独特の食文化を楽しめるお店です。

鹿賀丈史さんをどう見る?いろんな悪役とかクセのある強い役をやってもバシッとおさまるでしょ。いろんな役に対応できるっていうのは、ベースの基本がしっかりされていると思う。

僕もいろんなサプライズのある料理とか、人があまりやらない料理とかやってんなんやって思われるけど。味とか作り方において自分では基本を大事にしているって思ってるんですよね。

そこがものすごく、役者さんと料理人というのは通じるところがあるのかなって思います。

鹿賀丈史の食生活とは

鹿賀丈史さんは、舞台の稽古などのとき食べるものはラーメンです。日比谷にある「芳蘭(ほうらん)」には、よく行きます。

味噌バターらーめんは、キクラゲやメンマなどがトッピングされています。食べやすさとカロリーを考えるとラーメンになってしまいます。

最近気になってるお店

YOUさんが最近気になっているお店は、恵比寿にある「森の机」です。

「きのことろろ鍋」は、きのこたっぷりの鍋にとろろを入れています。ヘルシーな料理は女子力を高めます。

(画像出典:食べログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です