深夜ドラマ「リピート」第3話あらすじと視聴率!人の生き死にかかわってしまった未来はどうなる

10か月前に戻って、やり直しができる。そう言われたら、あなたはどうしますか?

深夜ドラマ「リピート」は、過去に戻ってやり直しができる。それは、リポート後の行動が影響して必ずしも良いことばかりじゃなかった。

第3話は、「運命のバス 事故から命救えるか?狂気の合鍵女」が放送された。

ドラマ「リピート」第3話視聴率

深夜に放送されるドラマ「リピート」は、ある日謎の男から連絡が入る。選ばれた8人は、10か月前に戻ることになる。

第3話の気になる視聴率は、3.2%でした!

ドラマ「リピート」第3話あらすじ

 横沢の死

横沢佐知子(手塚理美)が火事で死亡した。それは、リピート前にはなかった事件だった。何らかの力が動いていた。それは、いったい何なのか?

夫婦トラブルってことはないんじゃない。外部から火をつけられてるんだから。

高橋の交通事故、横沢の火事。本当に偶然なのか?

私、横沢さんのお葬式に行きたいんですけど。

風間(六角精児)はリピートのヒミツを知られてはいけない。行かない方がいいと言い出す。

鮎美(貫地谷しほり)は、一樹(松田悟志)の見てはいけないところを見てしまう。でも、確認できないでいた。

天道(ゴリ)は、ダンスを踊ったホールで冥福を祈ろうと思った。

天童のリピートの理由

天童はバツイチだった。妻・文香と息子・敦史は、アメリカに立つことになった。カフェを流行らせるためにリピートした。

リピートした理由、他にあるんじゃない。

由子は、圭介に部屋に勝手に上がり込む。合い鍵を奪い取って、追い出してしまう。

絶対に別れないから。

3月23日、アメリカに出発することになった。リピート前は、最後に会いたいといったのは天童の方だった。ふたりはパンケーキを作る。

アメリカに行くの不安じゃないのか?

うん、英会話も習ってたし。

ふたりは、成田空港行きの高速バスの事故にあってしまう。敦史は、亡くなってしまう。

高速バスの事故

リピート後は、淳史の方が会いたいと言い出す。鮎美と圭介(本郷奏多)は、息子に会った上で運命を変えるべきだと言い出す。

その事故で亡くなったのは淳史ひとりだ。

天道は、空港までを電車で行くように伝える。

嫌な予感がするんだ。頼む。でも、成田行きの電車は、踏切の事故で遅延が出ていた。天童は、レンタカーを借りることにする。

もう行かないと間に合わないので。

文香と淳史は、高速バスに乗ってしまう。16時12分の葛西付近での事故、そこを回避できれば何とかなるかも。

すみません、バスを止めてもらえませんか?

淳史の夢

鮎美は、バスの中で乗客を説得する。危険が迫っている。

淳史くん、私と一緒に降りてもらえないかな?

淳史は、降りると言い出す。

お父さん言ってた、いざとなったら自分の直感を信じろって。

バスは、急停車して危機を回避できた。敦史は無事だった。成田までは、天道が送ることになった。

アメリカ行っても元気でな。

淳史は、将来はお父さんのようになりたいと言い出す。

お父さんのようにお店持って、居心地のいい場所を作りたい。

理想の相手でも幸せにはなれない

一樹は、鮎美の家に向かっていた。

体調が悪いって言うのは嘘。見ちゃったの?一樹さんが若い女性とキスしてるとこ。

商社だから挨拶と一緒とごまかす。鮎美は、一樹を受け入れることは出来ない。

このゲス野郎、私は都合のいい女なりたくない。結婚したって、どうせまた浮気するでしょ。

理想の相手でも幸せになれる相手ではない。鮎美は、指輪を返す。

だから、別れて下さい。

本当にいいんだな。もう二度とこんなチャンスないからな。鮎美みたいな地味な女と結婚してあげようと思ったのに。ふざけんなよ。

一樹は、慰謝料を請求するとまで言い出す。

かわいそうな人だな、あんたにはこいつもったいないよ。

最後の忠告

成田空港行きのバスは、交通事故にあった。8歳の男の子が亡くなる。敦史は助かったが、他の子の運命が変わってしまった。

由子は、スペアの合い鍵で圭介の部屋に入り込む。

困りますね、忠告したはずですよ。人の生き死にを代えるのは禁止だと言いましたよね。

自分の息子だけが助かればいい、風間は天童をエゴイストと言い出す。

これ以上、ルールを破るとあなたたちに何があるか分かりませんよ。

風間は、最後の忠告をする。由子は、圭介の部屋に隠しカメラを仕掛ける。

ドラマ「リピート」第3話感想

www.ytv.co.jp

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です