石黒賢がよく行くお店!京都・河原町にある「食堂おがわ」

人生最高のレストラン

京都の河原町にある「食堂おがわ」は、居酒屋です。

9月19日(土)「人生最高のレストラン」では、石黒賢さんが登場しました。半年待っても食べたいアレを紹介します!

食堂おがわ

河原町にある「食堂おがわ」は、カウンターだけの小さな居酒屋です。駅からすぐのところにあります。

予約が取りにくいお店です。石黒賢さんが春先に行ったときには、次回は11月の予約になりました。

とりからあげ

「とりからあげ」は、一夜干しした鶏肉を使っています。カラッとなるまで揚げます。

だしまき

「だしまき」は、葛と特製の出汁を混ぜた卵を焼いています。ふわふわの卵焼きを大根おろしで食べます。

さばずし

「さばずし」は、厳選した韓国・済州島産の鯖を使っています。背や腹など身のバランスが一定になるように握ります。

鯖の上にご飯をのせます。その上には、甘く炊いたしいたけでアクセントをつけます。棒状に握ったら切ります。

石黒賢

石黒賢さんのお父さんは、戦後初のプロテニスプレイヤーとして活躍しました。親子で過ごす時間は、あまりありませんでした。

たまに一緒にいるときは、お寿司を食べに行きます。子どもの頃からカウンターでの寿司の味を知っています。

TBSドラマ『青が散る』は、石黒賢さんのデビュー作になりました。テニス部の若者たちの青春ドラマです。

父親から勧められたのがきっかけです。

(記事内画像出典:食べログ)

コメント