朝ドラ【ひよっこ】第142話のあらすじと視聴率!三男(泉澤祐希)の時子(佐久間由衣)への恋が涙で終わった!

f:id:dreams3359:20170914203429p:plain

女の子の未来は私にまかせて、みんな私についてきて!時子の力強い自己アピールだった。

第142話、あかね坂では時子のリハーサルが行われていた。

朝ドラ「ひよっこ」第142話 視聴率

第24週「真っ赤なハートを君に」第142話が9月14日木曜日に放送されました。気になる視聴率は発表され次第報告します。

第142話 あらすじ(9/14放送)

 

時子のリハーサルは、無事に終わった。みんなが“よかったよ”と言っている。時子にとっては大きな自信になった。

富は体調が悪く寝ている。鈴子は心配して、息があるのか確認する。

 

死んでないわよ。しぶといわよ私は。 

だろうね。 

お父さん、もうきっと時子にはそんなに会えなくなるんだろうなって思いました。

 

「ツィッギーそっくりコンテスト」が開催された。時子は堂々とした姿でステージに立つことができた。

時子は優勝することができた。その時、三男の時子への片思いが終わった。3日後、時子はアパートに戻ってくる。

そして、あかね荘を出て行くことになる。

ごめねね突然、何か用意してくれた部屋に住むことになってさ。これから日本中の都会を回るんだって。なんかもう目が回ってしまって、何が何だか怖くって。

みね子は時子を抱きしめる。

 

みね子。みね子。大丈夫かな私。 

大丈夫にするしかないでしょ。 

そうだよね。 

うん。 

がんばっぺ、応援してっから私。ずっと、ずっと。 

うん。行ってくんね。時子はスターの道を歩いてゆく。

お父さん、もうきっと時子にはそんなに会えなくなるんだろうなって思いました。

第141話 感想(9/14放送)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です