朝ドラ「わろてんか」第97回あらすじと視聴率!たったひとりの女の子を笑わせたかった藤吉の夢は叶った

f:id:dreams3359:20180129001350p:plain

藤吉は、また倒れてしまう。もう本当にダメかも知れない。そんな時に見た夢は、てんとの出会いだった。藤吉を支えてきたのは、たったひとりの女子の笑顔だった。

第97回は、藤吉の夢はてんの夢。笑い声は全てを明るくする。どうか失わないで欲しい、てんの笑顔を。

ドラマ「わろてんか」第97回視聴率

  第17週「ずっと、わろてんか」第97回が1月27日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第97回 あらすじ(1/27放送)

笑いは何色や?

 キースとアサリのしゃべくり万歳が完成した。この先100年続く万歳を目指す。

 

お前らふたりが、しゃべくり万歳で天下とる時代や。ええ名前やろ。

 

北村屋の笑いは、風太が受け継いだ。伊能は「北村笑店」の役員になった。全てを見届けた、その3日後に藤吉が再び倒れた。

病院に担ぎ込まれた藤吉は、昔の夢を見ていた。

 

夢の中でな、また昔に戻ったわ。そろそろアカンかもな。

 

藤吉は、昔の話を始める。笑いは何色か?茶色や。

たったひとりの女の子を笑わせたかったんや 

笑いの味は?柿や、柿の味や。

 

それは、てんが蔵に閉じ込められたときだった。藤吉は、てんに柿を持って行った。

 

これまで全然笑わへんかったてんが、ちょっとだけわろうてくれた。嬉しかった。

 

藤吉は、北村屋を大きくして日本中に笑いを届ける。それが夢だと思っていた。

 

ほんまは、たったひとりの女の子を笑わせたかったんや。

 

 

泥棒さんや、チョコ衛門さんや。

 

てんの笑い声は、藤吉にとっての大切な力だった。いつも側には、てんの笑顔があった。

 

てん、わろうてくれて、ありがとう。これからもずっと、わろてんか。なんや幸せで眠とうなってきたわ。

北村笑店のこと、隼也のこと頼むな。大丈夫や、大丈夫。

 

藤吉は、静かに息を引き取った。てんの瞳からは、大粒の涙がこぼれた。

 

藤吉はん、藤吉はん。

 

てんは一生分の涙を流した

 てんは、母親・しずから喪服をもらっていた。一旦嫁いだら妻は何があっても夫と墓場まで添い遂げる。その覚悟で死に装束を持って嫁ぐという意味だった。

 

こんなに早よう、この服着はることになるなんて。

 

おトキは辛かった。あまりにも突然の別れは、寂しさよりも辛さの方が大きかった。

伊能が来た。

 

車を用意した、寺まで送ってゆくよ。

 

 

おおきに。

 

藤吉の葬儀には、大勢の席主や芸人が全国から駆けつけた。

てんは、藤吉の祭壇の前に座っていた。

 

俺とおトキで、てんを支えて隼也が後を継ぐまで「北村笑店」を守って行く。ええな。

 

藤吉を失ってしまった。てんは、それでも歩いて行かなくてはいけない。一生分の涙は、てんをどう変える。

朝ドラ「わろてんか」第97回感想

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です