【半分、青い】121回あらすじと視聴率!律は人をどう愛すればいいのか分からない

鈴愛は、仙吉が残した店の名前を聞き出す方法を考えた。律に教えようとするが、その電話には妻のより子が出てしまう。

第121回、律とより子は生き方がすれ違う。もっと愛することができれば、上手く行くのかも知れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」121回視聴率

第21週「生きたい!」第121回が8月20日(月)に放送されました。気になる視聴率は、22.5%でした!

朝ドラ「半分、青い」121回 あらすじ(8/20放送)

より子は律の人のよさに呆れる

鈴愛は、より子と話す羽目になってしまう。焦ってココンタの話をしてしまう。

私、萩尾律の妻ですが主人に何の御用でしょうか?

より子は、怖い顔で電話を切った。鈴愛は、ココンタに携帯を仕込んで花野から聞き出す方法を思いついた。

これをな、この子に取り付ける。そいでハンズフリーにして。

より子は、翼の勉強を見ていた。いつも一番だった翼が塾で友達に負けてしまう。

あなたも、こんなとこに長くいていいのかしら?

ロボットプロジェクトを部下にとられてしまう。それが婦人会で噂になっていた。律は、まさかそんなことは無いと思っていた。

人がいいわよね。ちょっと外の空気吸ってくる。人の家は息が詰まるわ。

センキチカフェで律を待つ鈴愛

より子は、時々機嫌が悪くなる。より子には、律からの愛が足らない。でも、人をどう愛すればいいのか律には分からなかった。

テーブルの上には、携帯を持ったココンタが座っている。その前には、クッキーとジュースがあった。

ココンタ、いらない。カンちゃん、チャオ。カンちゃん、お昼寝できた。

鈴愛は、ココンタのふりをして仙吉の残した名前を聞き出す。

センキチカフェだよ。

五平餅を売る店の名前は、「センキチカフェ」に決まった。電車の中のような作りは、新しい発想が詰まっていた。

鈴愛、おめでとうございます。これみんなでお祝い。和子さんが作った。

律は、和子が作ったチーズケーキを持ってきた。梟町のみんなが集まってきた。

和子は強い律は弱かった

鈴愛は、五平餅を焼く。側には、廉子と仙吉の写真が飾られてある。

すいません、五平餅3枚。

健人は、ブッチャーの姉・麗子に一目ぼれしてしまう。

喜美香は、和子のところまで往診に行っている。

あの人は強い。この人は弱いけどな~。

律は、夜になると眠れなくて睡眠薬を飲んでいる。

助けたって、あんたしかおらん。大阪の家の方も、あんまりな。

喜美香は、和子に何かできることがあればと思っていた。

あっ、思いついた。

鈴愛は、和子に手伝って欲しいことを見つけた。

朝ドラ「半分、青い」121回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です