【半分、青い】122回あらすじと視聴率!夢の続きを梟町でふたりで描く未来

鈴愛は、「センキチカフェ」に大きな犬のぬいぐるみを置くことにする。ぬいぐるみには、声を仕込むことにした。

第122回、鈴愛は夢を描くのが上手かった。その夢の続きを梟町で描くことになる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」122回視聴率

第21週「生きたい!」第122回が8月21日(火)に放送されました。気になる視聴率は、22.5%でした!

朝ドラ「半分、青い」122回 あらすじ(8/21放送)

しゃべる岐阜犬

鈴愛は、店に大きな犬を置くことを考えていた。

電車には、犬がつきものや。忠犬ハチ公しかり。その名も岐阜犬。

いつか花野に描いた犬の絵、その犬を作ることになる。

そして、この犬はしゃべる。お客さんと話す。携帯をハンズフリーにして仕込む。

律は、インターネット回線を使うといいとアイデアを出した。

たとえば、ボイスチャンジャ―を使って声を犬風に。って、その声を誰がやるの?

犬の声を和子にやってもらう。それが和子にお願いしたい仕事だった。

和子は、弥一が作ったリゾットを食べていた。

う~ん美味しい。このトマト、高いの買ったね。

和子は、食も細くなっていた。ゆっくり食べないと喉に入らなくなっていた。

この人を支えたいと思うと強くなれる

弥一は、ずっと和子の側にいる。少しずつ弱って行く和子の側にいるのも辛かった。

お父さんさ、ちょっと外出たらいいよ。

律には、会社がある。電車も乗る。気を休める世界が必要だった。

鈴愛は、大きなぬいぐるみを作っていた。岐阜犬ができ上がったら、和子に声のお願いをすることになっていた。

お母ちゃん、私。和子おばさんもやけど、律を助けたい。

鈴愛は、律に助けてもらってばかりいた。マグマ大使の笛で呼び出しては、いつも助けてもらった。

和子さん言ってたよ。マグマ大使に見立ててもらって、律は英雄になれる。強くなれるって。

この人を支えたい、助けたいと思うと人は強くなれる。

あんたを生んだ時がそうやった。

鈴愛は、律の家庭も上手く行って欲しいと思っていた。

悲しみを待つ時間を忘れさせてあげたい!

鈴愛にとって律は、友だちや親友よりもっと特別な存在だった。

そういうのは、人生にはあんまりないことや。大事にしなきゃあかん。

律は、鈴愛に頼みごとをしてきた。宇太郎に弥一を連れ出して欲しい。そこへ、「岐阜サンバランド」の瞳がやってくる。

私この街を去るとき、仙吉さんが五平餅を焼いて下さって。あれまた食べたいと思いまして。

宇太郎は、五平餅を焼く。宇太郎が弥一を連れ出す案を思いついた。

あの赤い口紅ありますか?私燃えてきました。

仙吉の四十九日が近い、男たちだけで喫茶「ともしび」に集まることになった。

お~バブルや。

男たちは、昔を思い出して踊りだす。

お父さん、オシャレして出かけたね。何たくらんだの君?

弥一には、今の苦しみを忘れる時間が必要だった。楽しそうに踊っている弥一。いつ来るか分からない悲しみを待つ時間を忘れたい!

朝ドラ「半分、青い」122回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です