「半分、青い」第34回あらすじと視聴率19.9%!アシスタント部屋と秋風ハウスの差にビックリ

鈴愛(永野芽郁)は、「オフィスティンカーベル」で働くことになった。秋風羽織(豊川悦司)の生原稿を見て興奮して、お茶をこぼしてしまう。

第34回、ついに東京についた鈴愛が待っていたのは?あまりにも差があるオフィスと住まいだった。

朝ドラ「半分、青い」第34話 視聴率

第6週「叫びたい!」第34話が5月10日(木)に放送されました。気になる視聴率は、19.9%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第34話 あらすじ(5/10放送)

秋風羽織は変態なのか?

菱本(井川遥)は、秋風羽織の事務所の中を見せてくれる。リラクゼーションルームには、秋風が好きなモノで作られていた。

私、左が聞こえないので。

原稿にお茶をこぼしてしまったことを謝る。原稿は、アシスタントによって修正されていた。

先生は、何度いってもコーヒーを原稿の側に置くのです。ドキドキするのが好きなんです。こぼれたらどうしよう、変態です。

秋風は、ひりひりした感じの中で描くのが好きだった。

鈴愛は、ゲーム機を見つけてはしゃいだ。プライベートルームは、ちょっとだけ見せてくれた。

ふたりの寂しさが重なる

鈴愛が住む家は、台所とお風呂が共同だった。部屋には、古びたベッドと机が置かれていた。

あのご飯は、夕ご飯?

明日からは、鈴愛が夕食を作ることになっていた。楡木家では、晴(松雪泰子)がテーブルに鈴愛の箸を並べてしまう。

おっうまそう。

晴の寂しそうな顔が切なかった。鈴愛は、ひとりで夕食を食べる。

ひとりで食べるご飯は、あっという間やな。

お風呂に入ろうとするがガスのつけ方が分からなかった。

アシスタントのゲイ

アシスタントの藤堂誠(ボクテ)がやってくる。

ゲイだから安心して、君を襲ったりしないから。楡木鈴愛さんカワイイ名前。

鈴愛は、原稿のことを謝る。

君やるな、来るなりそうそうインパクト大。でも大丈夫だよ。

宇太郎が作った手作りの本棚が届いた。晴からの手紙がついている。

(困った時に使いなさい。お母さんのヘソクリ分けてあげました。)

鈴愛は、ふたりの想いを抱きしめて泣いてしまいました。ガタガタ、ゴトゴト何やら変な音が聞こえてくる。

朝ドラ「半分、青い」第34回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です