【半分、青い】57回あらすじと視聴率!お前が俺と鈴愛を語るな佐藤健がムキになった

鈴愛(永野芽郁)は、公園で正人に告白した。正人は、その気はないとアッサリとフラれてしまう。

第57回、鈴愛は母親よりも恋を選んだ。ずっと隣りにいた律の気持ちはどこへ行くのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」57回 視聴率

第10週「息がしたい!」第55話が6月6日(水)に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」57回 あらすじ(6/6放送)

律に会いたい!

鈴愛は、正人のことが本気で好きになっていた。

ごめん、自分そういうつもりじゃなかった。離して、マー君とかやめて。離してってば。

正人は、鈴愛をつき飛ばしてしまう。鈴愛は、秋風ハウスに戻って裕子とボクテに話す。

男として許せない、ひどい。男の川下にもおけない。

2つ違うし、川じゃなくて風。そして川下じゃなくて風上、風上にもおけない。

鈴愛は、お互いに好き合っていると思っていた。

律に会いたい、律に会いたい。

鈴愛にとって安定剤は、律の存在だった。

お前が俺と鈴愛の歴史を語るな!

裕子は、律に連絡をする。律は、正人の部屋に向かう。

つき合ってないよ、1回花火して今日一緒に公園歩いて。その後、お母さんを新幹線まで送っただけ。

律は、鈴愛には免疫がない。マハジャロで踊っているような女と一緒にするなと言う。

一緒にしないために、はっきりしたんだ。

正人は、カワイイと思った人を好きになるクセがある。そんな自分のことに巻き込みたくなかった。

律が大事だから、東京にきて一番にできた友達だから。律の好きな人とは、つき合えないよ。

正人は、お互いに気が付いていないだけと言う。

何その言い方、神様みたいに。何様なの?自分が一番分かってますみたいな。ムカつく、お前が俺と鈴愛を語るな。俺と鈴愛の歴史を語るな。

律の背中はあったかい!

律は、秋風ハウスに向かう。鈴愛は、晴に電話をしていた。

あっきた、律きた。

律は、鈴愛の部屋に初めてきた。鈴愛は、苦しくて過呼吸になってしまった。

そんな風には思えない、ごめんって言われた。あんな苦しいごめんを聞いたことがない。よく切れるナイフみたいな言葉やな。

鈴愛は、律の背中を貸して欲しいと言う。

律の背中はあったかいな。よけい泣けてくるな。ほっとすると涙でる。いくら泣いてもスズメの涙、なんつって。

こんな時でも律が笑うと嬉しかった。ほっとしていた。律は、生まれて初めて聞いた鳴き声が鈴愛の声だった。

左の耳がきこえんくなったときも、律の横で泣いた。

そんなこともあったな。

鈴愛は、左耳が聞こえなくなっても明るくしていた。木曽川のほとり、律の前でやっと泣くことができた。あの日を思い出していた。

朝ドラ「半分、青い」57回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です